裁判官の「訴訟指揮」に不満がある場合、原告・被告は裁判官を「拒否」できるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年7月23日 14時25分

写真

関連画像

「黙りなさい」。裁判長は、抗議の声をあげる傍聴席に向かって、こう静止した。だが、傍聴席の声はおさまらず、「『黙れ』という発言を撤回しろ」などと騒然となった。口頭弁論の途中だったが、裁判長は「もうしょうがない。閉廷する」と宣言し、法廷から立ち去った――。

東京新聞が伝えた法廷での異例の騒動。これが起きたのは、7月11日の水戸地裁。茨城県の東海第2原発の運転差し止めを周辺住民たちが求めた裁判の最中だった。原告側は、福島の原発事故で起きた農業被害の実態を示したいと意見陳述を求めたが、裁判長は却下。すると原告席の原告だけではなく、入りきれず傍聴席にいた原告らも「異議あり」と大声で言い始めたのだという。「黙りなさい」というのは、それを止めようとする裁判長の言葉だった。

裁判長には訴訟指揮権があり、その権限は絶対的なものとされる。だが、もし仮に、一方をひいきするなど、偏った訴訟指揮を行う裁判長がいた場合、当事者は大きな不利益を受けることになる。そんな裁判官はゴメンだといって、原告や被告は拒否することができるのだろうか。また、不適切な訴訟指揮をした裁判官に対する懲戒処分はあるのだろうか。裁判官の経験をもつ田沢剛弁護士に聞いた。

●裁判官を拒否できる制度が「ないわけではない」

「民事訴訟法24条1項は、『裁判官について裁判の公正を妨げるべき事情があるときは、当事者は、その裁判官を忌避することができる』と定めています。裁判官の『忌避』ですね。忌避というのは、手続の公正さを失わせる恐れのある裁判官を、その手続に関する職務執行から排除することです」

と田沢弁護士は解説する。つまり、一定の事情があれば、特定の裁判官を拒否できるのだ。では、ここでいう「裁判の公正を妨げるべき事情」というのはどういうことなのだろうか?

「通常人が判断して、裁判官と事件との関係からみて、偏った不公正な裁判がなされそうだとの懸念を当事者に起こさせるような『客観的事情』をいいます」

ただ単に裁判官の訴訟指揮に不満があるとか、自分の主張が取り上げられそうもないというのは『主観的事情』であって、これには当てはまらないという。

原告や被告は、裁判長の訴訟指揮に不満があったとしても、その裁判官の審理を拒否するなどということは、基本的にはできない。ただ、例外がないわけではない。

「裁判長の不公平な訴訟指揮から、裁判官と事件との間に何らかの『客観的』な関係があると推測されるような場合は、忌避事由とはなりうると思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング