店から逃げ出したニシキヘビが子どもを「絞め殺した」 ペットショップの責任は?

弁護士ドットコムニュース / 2013年8月22日 11時55分

写真

関連画像

ペットショップから逃げ出したニシキヘビが、子ども2人を絞め殺すという事件がカナダであり、日本でも話題になっている。

報道によると、カナダ東部のニューブランズウィック州で8月5日朝、友人宅に泊まっていた4歳と6歳の少年が死亡しているのが見つかった。検死の結果、窒息死だったことが確認されたという。階下のペットショップから逃げ出した全長4メートル、体重45キロのアフリカニシキヘビが換気口から部屋に入り込み、2人を絞殺したと見られている。

日本でも昨年、ペットショップの飼育場で、店の経営者の家族が全長約6.5メートルのアミメニシキヘビに襲われて死亡したとみられる事件があった。こうした巨大なヘビがペットショップから逃げ出して人を襲ったら、ペットショップの管理怠慢が問われ、刑事責任や民事責任を問われることがあるのだろうか。坂野真一弁護士に聞いた。

●ペットショップは「業務上必要な注意を怠った」

「もし、アメリカと同じような事件が日本で起きたとしたら……という仮定だと、ペットショップ側の刑事責任としては、業務上過失致死(刑法211条1項前段)に該当する可能性が高いでしょう。法定刑は5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金です」

――商品のペットを逃がしてしまったことが、業務上の過失になる?

「本件の場合、ペットショップが販売のためにニシキヘビを仕入れて飼育することは業務と言えましょう。

また、ペットショップの不注意でニシキヘビが逃げ出していますから、業務上必要な注意をペットショップ側は怠っていたと言えます。その注意義務違反に起因して子供が死んでいるのですから、結果に対する相当因果関係も認められるでしょう」

――仕事でやっていたなら、何でも「業務上」になる?

「ここでいう『業務』は、『人が社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為であり、かつ、他人の生命身体に危害を加えるおそれのあるもの』とされています。いわゆる『仕事』とは定義が違います」

――ニシキヘビが店ではなく、個人の家から逃げ出したなら?

「仮に個人の方がニシキヘビをペットとして飼っていた場合であれば、過失の度合いによって、過失致死罪(刑法210条)や、重過失致死罪(刑法211条1項後段)が適用される可能性があります。

法定刑はそれぞれ、過失致死罪が50万円以下の罰金。重過失致死罪が5年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金です」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング