「おめでとう東京」と書いても知的財産権侵害ではない~弁護士からJOCへの反対意見

弁護士ドットコムニュース / 2013年9月18日 12時18分

写真

関連画像

「おめでとう東京」もアウト?――2020年のオリンピックが東京で開催されることが決まり、お祝いムードが広がるなか、思わぬ「待った」がかかるかもしれない。日本オリンピック委員会(JOC)の公式スポンサー以外の企業や商店が、オリンピックを想起させるような言葉を使うことは、知的財産権の侵害にあたるというのだ。

「JOCがアウトとする使用例」として、JOCの姿勢を報道した朝日新聞があげているのは次のようなフレーズだ。

「おめでとう東京」「やったぞ東京」「招致成功おめでとう」「日本選手、目指せ金メダル!」

つまり、JOCが商標登録している「オリンピック」という言葉を使わなくても、権利侵害にあたる可能性があるという主張だ。だが、「おめでとう東京」という言葉まで自由に使えないなんて、いきすぎではないのか。ネットでは、「心底アホくさい」「経済効果が疑わしくなる」「どこにそんな権限があるんだろ」と批判する声が多数あがっており、弁理士の栗原潔さんもブログで「法的根拠がよくわかりません」と疑問を呈している。

はたして、JOCが「アウト」という使用例は、本当に法律上も「アウト」なのだろうか。それとも、JOCの願望にすぎないのだろうか。知的財産権にくわしい岩永利彦弁護士に聞いた。

●「おめでとう東京」という言葉は「商標登録」されていない

「まず、特許電子図書館で、朝日新聞が報道した使用例の言葉を検索してみましたが、JOCやその上部団体であるIOC、招致委員会の登録商標としては見当たりませんでした。一般的にも、これらの言葉は、キャッチフレーズにあたり、自分の商品等を区別する機能に欠けるといえ、そもそも商標法上、商標登録できないものと考えられます」

このように岩永弁護士は述べる。つまり、「おめでとう東京」といった言葉が商標登録されているわけでないし、そもそも商標登録できるような性質ではないということだ。そのようなことから、これらの言葉は「不正競争防止法でいう商品等表示にもあたらないでしょう」と岩永弁護士は指摘する。

「つまり、これらの使用例は、知的財産権の侵害とならないと思います」

さらに、知的財産権の侵害とならなくても一般不法行為にあたる可能性があるとのことだが、その点についても、「さきほど述べたようなキャッチフレーズ性を考慮すると、一般不法行為にも該当しないでしょう」という。

「結局、朝日新聞が報道した『おめでとう東京』などの使用例は、確定した権利性のない、単なるイメージにすぎないと言えます。そのようなものは、保護されにくいのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング