元AKB・岩田華怜さんストーカー逮捕、芸能人が抱えるリスクにどう立ち向かうか

弁護士ドットコムニュース / 2018年7月7日 9時37分

写真

関連画像

元AKB48メンバーで女優の岩田華怜さん(20)につきまとい行為を繰り返したとして、警視庁は6月19日、ストーカー規制法違反の疑いで東京都江戸川区の40代男性を逮捕した。

報道によると、容疑者は、2013年に握手会で岩田さんにプロポーズ。その後、出入り禁止になったにもかかわらず、つきまとい行為を繰り返したほか、SNSなどで誹謗中傷や、謝罪の強要をおこなった。2017年に警告が出されていたものの、今年4月に岩田さんが出演するミュージカルに押しかけるなどしたため、逮捕されたという。

2013年の握手会から2018年の逮捕まで約5年が経過している。なぜ、もっと早く逮捕できなかったのか。頻発する芸能人に対するストーカーをどう考えればいいのか。泉田健司弁護士に聞いた。

●芸能人へのストーカー行為をどう考えるか

「なぜ、ここまで時間がかかったのか、正直、第三者にはわかりません。

警察が動いてくれなかったのかと考えてしまいがちですが、ストーカー殺人事件の教訓から、警察も、この種の深刻な事案を見過ごすということは少なくなっていると思います。

もしかすると、岩田さんが芸能人だという点が特殊で、犯罪者である『ストーカー』と熱心なファンである『おっかけ』を区別するのが難しかったのかもしれません。

たとえば、一般人を会社の前で待ち伏せしたらストーカーですが、芸能人の出待ちをしたからといってストーカーにはなりません。また、一般人に手紙を短期間に何十通も送付したらストーカーとなりえますが、芸能人にファンレターを何十通送付してもそれだけではストーカーにはなりません。

ストーカー行為等規制法では、つきまとい行為等に対して、悪質さに応じて、『警告』『禁止命令』そして『刑罰』というメニューを用意しています。

悪質事案では、いきなり『逮捕』ということもありますが、通常は、まず『警告』がなされます。『警告』では対処できない事案では、『禁止命令』が出され、つきまとい行為等を禁止します。そして、最終的には、『逮捕』に至ります」

女優の菊池桃子さんなど、芸能人へのストーカーが頻発している。防止するためには、どのようなことが重要になるのか。

「芸能事務所などが、ここまでいったら警察等に相談するというような線引きのような基準を作り、早期に対処するとよいと思います。ストーカー犯罪は、加害者の被害者に対する執着心が根本にあります。話がこじれる前であれば、加害者の執着をほどくことが容易なケースもあると思います。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング