東京の「猫カフェ」でパルボウィルス感染、5匹死亡「動物病院でも対応に苦慮する病気」

弁護士ドットコムニュース / 2018年8月4日 10時8分

写真

関連画像

東京都内などで猫カフェ「MOCHA」(モカ)を運営するケイアイコーポレーション(東京・港区)は8月3日、東京・立川店で、計5匹の猫が「猫パルボウィルス」に感染し、死亡していたと、公式ホームページ上で発表・謝罪した。8月4日から、関東の全店舗を臨時休業して、抜本的な改善策を講じるとしている。

猫カフェ「MOCHA」の立川店をめぐっては、感染力が強いとされる「猫パルボウィルス」が蔓延して、複数の猫が死亡しているという情報がインターネット上で広まった。従業員や元従業員とみられる人物から、そのような告発がされて、話題になっていた。

ケイアイコーポレーションによると、7月26日深夜、立川店の猫2匹の体調に異常がみられたため、病院で受診したところ、猫パルボウィルス検査で陽性の診断結果が出た。さらに、7月27日、28日にも、ほかの猫も、猫パルボウィルスの感染がわかり、8月1日までに計5匹の猫が感染して、死亡する事態に発展したという。

●運営会社「大変残念な思いです」

同社ホームページには、次のような謝罪文が掲載されている。

「これまで、当社全スタッフは、誰にも負けない愛情をもって全ての猫に接してまいりましたが、今回、5匹の猫が猫パルボウィルスに感染し、死亡する事態が生じてしまったことについては、大変残念な思いです」

「また、猫パルボウィルスが感染力の強いウィルスであることも踏まえ、2匹の感染が発覚した時点で営業を即時停止せず、洗浄を徹底すること等で営業を継続したことにより、皆様にご迷惑やご心配をおかけしてしまったことは、当社の判断ミスであったと深く反省しております」

●「動物病院でも対応に苦慮する」

そもそも、猫パルボウィルスはどのような感染症なのだろうか。獣医師の原野亮氏(ホームズ動物往診所)は、弁護士ドットコムニュースの取材に対して、「猫パルボウィルスは感染力が非常に強くて、特効薬はなく、動物病院でも対応に苦慮します」と答える。

原野氏によると、猫パルボウィルスに感染・発症した猫は、嘔吐と下痢、血便、発熱、元気・食欲の低下などの症状がでる。さらに白血球減少も起こりうる。きちんとした処置をとらなければ、死亡してしまうという。

●主な感染源は「感染した猫のふん」

ウィルスの主な感染源は、感染した猫のふんだ。下痢などの一部が毛に付いている場合があり、ほかの猫がその猫に直接触れたり、間接的に食器・トイレに付くなどして、広がっていく。ウィルスの潜伏期間は5日前後で、「その間、感染・発症した猫は絶対に隔離する必要がある」(原野氏)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング