借金、逮捕歴、風俗就業経験・・・結婚前に告白しないと「離婚理由」になるものは?

弁護士ドットコムニュース / 2013年12月12日 18時30分

写真

関連画像

素敵なパートナーに巡り合ってついに結婚! でも実は相手には言えない秘密が……。そんなカップルは少なくないようだ。インターネットの質問サイトには、結婚後にパートナーの秘密やウソが発覚し、ショックを受けた人たちから、数多くの相談が寄せられている。

なかでも多いのは、離婚歴や子どもの存在を隠していたケースや、「年収を高く言われていた」「多額の借金があった」「自己破産していた」など、金銭面で嘘や隠し事があったケース。ほかにも、「学歴詐称していた」「整形していた」「逮捕歴があった」「会社の事務と言っていたのに、風俗店勤務だった」など、さまざまな事例が見受けられる。

信頼を裏切られた側は怒り心頭で、「知っていたら結婚なんてしなかった」と、離婚を希望する人までいる。こうした結婚前の「秘密」を理由に、裁判で離婚が認められることもあるのだろうか。離婚問題にくわしい小澤和彦弁護士に聞いた。

●「過去にウソをついていた」だけでは離婚理由にならない

「結婚式では『君を絶対に幸せにする』『絶対にあなたを後悔させない』と言っていたのに、後悔だらけだし、全然幸せじゃない、騙された!といって、離婚相談にいらっしゃる方もいます。

ただ、このような抽象的な約束違反自体は、離婚理由にはなりません。むしろ、『なぜ幸せでないのか』、その具体的な中身によって、離婚理由の有無が判断されます」

では、「年収」にまつわるウソも、問題とはならないのだろうか。

「たとえば、年収が1000万円あると話していたのに、実は、その半分もなかったというような事例の場合にも、その『騙したという事実』だけでは離婚理由になりません。

ただし、そのことがきっかけになって、夫婦間の喧嘩が絶えず、結婚が破たんしたというなら、話は別です。要は、今の生活の状況に照らして、婚姻生活が継続できるかどうかが判断のポイントとなるのです。

過去の『自己破産歴』や『学歴詐称』、『整形歴』や『逮捕歴』なども同様です」

●「ウソが現在も問題を生じさせている」場合は話が別

「他方で、『まだ返していない多額の借金が発覚した』とか、『会社の事務と言っていたのはウソで、現在も風俗店に勤務している』というような話であれば、結論も変わってきます。

なぜなら、こうした問題は単に過去の事実なだけでなく、現在の問題でもあるからです。

通常、こうした事実があれば、婚姻生活を継続することは困難ですから、早急に借金を返すとか、風俗店勤務を辞めるといった対応がなければ、離婚が認められる理由になるでしょう」

つまり、離婚が認められるかどうかについて、過去の発言は必ずしも重要ではないようだ。もし、結婚相手に「過去のウソ」を告白するときには、それが現在の夫婦関係を破たんさせる決定打にならないよう、十分気をつけた方がよさそうだ。

(弁護士ドットコム トピックス)

【取材協力弁護士】
小澤 和彦(おざわ・かずひこ)弁護士
第二東京弁護士会多摩支部 両性の平等委員会委員、東京都西東京市男女平等参画推進委員会委員
事務所名:弁護士法人東京多摩法律事務所
事務所URL:http://tokyotama-lawfirm-rikon.jimdo.com/

日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング