虐待親を弁護、見えてきた課題 「解決できない」問題を抱えた親たち

弁護士ドットコムニュース / 2019年2月17日 9時13分

写真

関連画像

虐待によって、幼い子どもの命が奪われる事件が後を絶たない。2018年3月、東京都目黒区のアパートで船戸結愛(ゆあ)さん(5)が死亡した。父親からの虐待があったとされる。今年1月には千葉県野田市で小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、傷害の疑いで両親が逮捕された。

「家庭」という閉ざされた空間で起こる児童虐待。親に暴力をふるわれたり、放置されたりしても、だれにも助けを求められずに苦しんでいる子どもたちがいる。

なぜ、児童虐待は起きるのか。小さな命を守るためにできることはないのか。虐待した親の弁護を手がけてきた神尾尊礼弁護士に話を聞いた。(編集部・吉田緑)

●背景に社会からの孤立

神尾弁護士は、虐待が起こる家庭の特徴として「核家族」をあげる。

「虐待は、社会とのつながりが希薄で、周りにだれも頼る人がいない家庭で起きることが多いと感じています。また、虐待をしてしまう人のなかには、精神疾患を患っていたり、その疑いがあったりする人も少なくありません。

『だれも見てくれない』『がんばっているのに無視されている』と感じてしまい、閉鎖的な状況に追い込まれ、子どもをはけ口にしてしまう人もいます」

ほかにも、神尾弁護士が関わってきたケースでは、経済的な苦労がある家庭や、連れ子がいる家庭も多かったという。また、親自身も虐待を受けていたり、機能不全家族で育っていたりするケースも珍しくないそうだ。

●「父親と母親の反応には明確なちがい」

犯罪白書(平成30年版)によると、2017年に虐待で検挙されたのは、実の父がもっとも多く、ついで実の母とされる。しかし、実の親が再婚した相手(養父母)や内縁関係にある相手が虐待をおこなっているケースも目立つ。

「養父母や内縁関係にある親の場合、しつけの名のもとに暴力をふるうなど、虐待が激しくなりやすい傾向にあります。

一方で、実の親子関係においては暴力ではなく、家に帰ってこないなどネグレクトをしてしまうことが多いと感じています。『自分のものだから(なにをしてもよい)』と暴力をふるう人もいます」

愛されたいと願う子どもたちに虐待をしてしまう親。彼らは虐待をしてしまった事実をどのように受け止めているのだろうか。神尾弁護士は「父親と母親の反応には明確なちがいがあり、温度差を感じる」と話す。

「これまでみてきたかぎりでは、父親の受け止め方は千差万別です。落ち込む人もいれば、まるで他人事のような人もいますし、しつけだったと言う人もいます。虐待について反省していないように見受けられるケースがあるのです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング