「特にないとはなにごとか!」 被告人を恫喝した「裁判員」は解任されるのか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月12日 15時25分

写真

関連画像

「特にないとはなにごとか!」。傷害致死に問われている17歳の被告人少年に対して、裁判員の男性がそう怒鳴りつけたという「事件」が報じられた。

この騒動は、10月24日の大分地裁で起きた。19歳のホテル従業員が、集団暴行によって死亡した事件の最終意見陳述の場だった。被告人の少年が「特にありません」と述べたことに対して、男性裁判員が大声を浴びせたのだ。法廷は一時騒然となり、弁護人は「不規則発言で被告人を威嚇した。威圧的な大声を出し裁判所の品位を汚した」として裁判員の解任を要求したが、裁判官と話し合った末に取り下げたという。

今回は最終的に取り下げられた「解任要求」だが、裁判途中での裁判員解任は、どんな場合に、どんな手続でできるのだろうか。日本弁護士連合会・裁判員本部の委員をつとめる永芳明弁護士に聞いた。

●裁判員には様々な「義務」が課せられている

「裁判員法には41条以下に解任に関する規定があり、裁判員が解任される場合が列挙されています。そのいくつかを見ていきましょう。

(1)選任手続において、公平誠実に職務を行う旨の宣誓を行わないとき。

(2)公判期日や判決の宣告の期日に出頭しない場合で、引き続きその職務を行わせることが適当でないとき」

これは分かりやすい。宣誓をしなかったり、出頭しなかったりといった人に裁判員を任せるのは難しいだろう。永芳弁護士は次に、裁判員が負っている「義務」についても説明する。

「(3)裁判員のさまざまな義務に違反し、引き続きその職務を行わせることが適当でないときも解任される場合があります。

この義務の中身は、(A)公平誠実に職務を行う義務や、(B)職務上知り得た秘密を漏らさない義務、(C)裁判の公正さに対する信頼を損なうおそれのある行為を行わない義務、(D)品位を害するような行為をしない義務、(E)評議の秘密を漏らさない義務、(F)法令解釈などに関する裁判官の判断に従う義務、など多彩です」

列挙された義務の中には、「品位」という言葉も登場している。さきほどの例で、弁護人が解任を要求した際には、この規定が念頭にあったのかもしれない。

「このほかに、次のような場合もあります。

(4)選挙権が無い等の裁判員になる資格がない場合や、禁錮以上の刑に処せられた等の欠格事由や、国会議員である等就職禁止事由があるとき。

(5)不公平な裁判をするおそれがあるとき。

(6)裁判員候補者であったときに、質問票に虚偽の記載をした等が明らかになり、引き続きその職務を行わせることが適当でないとき。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング