アニメキャラのアイコンで「きわどい発言」を連発!? 問題にならないの?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月26日 15時45分

写真

関連画像

ツイッターなどのソーシャルメディアで日常的に行われている議論や意見交換が、言い争いに発展する例は珍しくない。なかには「バカ」「カス」といった言葉が乱れ飛ぶ、単なる罵倒・中傷合戦といった様相を呈するものも少なくない。

そんなとき、ふと気になるのが、発言者が使っている「アイコン」だ。発言者自身の顔写真が表示されている場合も多いが、人気アニメのキャラクターやアイドルの写真がアイコンとして使われることも少なくない。そんなアイコンの隣に罵倒や中傷の言葉が並んでいると、そのギャップに驚かされることがある。

アニメキャラやアイドルの写真を自分のアイコンとして勝手に使い、そうした発言を繰り返すことは問題にならないのだろうか。また、その画像がツイッターのアイコン用として、公式に提供されたものだった場合はどうか。著作権などの知的財産権にくわしい松島恵美弁護士に聞いた。

●アニメキャラの無断使用は著作権侵害、きわどい発言は著作者人格権の問題も

アニメキャラは架空の存在だが、アイドルは実在の人間ということで、問題となる法律も違うようだ。松島弁護士はそれぞれについて、次のように説明する。

「まず、アニメキャラの画像は著作権で保護されていますので、アイコン用に公式に提供されたものでない限り、ユーザーが勝手にアイコンに使うことは複製権や公衆送信権の侵害となります」

では、かわいいアニメキャラのアイコンで、誹謗中傷や卑猥な言葉をツイートした場合はどうだろう。

「アニメキャラのアイコンを使って、そのキャラクターが本来ならば発しないような言葉を発した場合、発言内容によっては作者の名誉や声望を害する方法で利用したとされ、著作者人格権(同一性保持権など)の侵害となることもあります。これは、アイコンが公式に提供されている場合も同様です。そのような形での利用まで許容しているとは考えられないからです」

このように松島弁護士は指摘するが、現実に責任追及がされるかといえば、話は別のようだ。

「著作権や著作者人格権の侵害には刑事罰があるものの、現在のところ、被害者である権利者の告訴がないと、刑事責任の追及はされません(親告罪)。また、このようなアイコン利用に対しては、民事上の著作権侵害に基づく損害賠償請求や差止請求なども、滅多にされないのが実情です」

こう述べつつ、松島弁護士は、「ただ、TPPの交渉では、著作権侵害の『非親告罪化』が議論の対象になっているようですので、今後の展開が気になるところです」と注意をうながしていた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

トピックスRSS

ランキング