「8年付き合っていた彼氏」に捨てられた「34歳女性」 慰謝料を請求できるか?

弁護士ドットコムニュース / 2013年11月23日 16時35分

写真

関連画像

誰でも匿名で投稿できる「はてな匿名ダイアリー」に、11月初旬に寄せられた文章が話題を呼んでいる。投稿者は34歳の女性という。付き合って8年になる彼氏がおり、結婚も意識していたが、彼氏があまり乗り気ではなかった。自分の両親に会ってもらったころからすれ違いが始まり、そのまま別れてしまったのだという。

投稿者はまだショックから立ち直っていないようで、「正直訴えたい。30過ぎた女捨てる事とか犯罪にしてほしい」と悲痛な叫びを記している。「そもそも34で新しい相手とか無理じゃない? 男はいいよ、仕事すれば。女はどうすればいいんだよ。犯罪だよ絶対。まじ訴えたい」「なんかもう絶望。結婚出来ないかもしれない」と書いている。

8年間も付き合っていた彼氏から別れを切り出されたとすれば、胸が張り裂けそうだったろうが、現在の刑法では、「30歳以上の女性と別れること」は犯罪ではない。だが、民事ではどうなのか。

この女性が彼氏を訴えて、慰謝料を請求することはできるのだろうか。男女をめぐる法律問題にくわしい島野由夏里弁護士に聞いた。

●交際しているだけだと法的な保護は受けられない

「このケースで、慰謝料を請求することは難しいと思います。刑事上だけでなく、民事上も違法とはなりません」

島野弁護士はこう語る。どうしてだろうか。

「慰謝料が発生するのは、婚姻や婚姻予約、内縁等の法律的な関係、または、それに準ずる関係が、不当に破壊された場合です。

婚姻関係はもちろんですが、内縁(籍が入っていないこと以外は婚姻関係と同視できるような場合)でも、婚姻関係に準じて保護されます。また、婚約状態の場合も、お互いに婚姻に向けて誠実に行動する義務が発生します。

そのような関係にあるにもかかわらず、不当に内縁を解消したり、不当に婚約を破棄した場合は、慰謝料の請求ができるのです」

逆にいうと、いくら長期間、恋愛関係にあったとしても、その関係は法的には、保護されないということか?

「一般的な感覚としては、恋愛の延長上に婚姻があることが多いため、同視しがちですが、法律的には、婚約と交際は全く別物です。交際をしていただけでは、法律上保護に値する関係がそもそも存在しないとされ、関係を解消することは違法にはなりません。

道義的な問題はもちろん別でしょうが、交際期間の長さや相手の女性の年齢を理由としても、法律的には何も問題とならないと言わざるを得ません」

●婚約というためには、指輪や結納・式の予約が必要

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日本最大級の弁護士/法律ポータルサイト。23万件の相談実績。無料法律相談・弁護士ランキング・口コミ弁護士検索でお悩み解決。他にも弁護士費用の見積比較・法律Q&Aなどの豊富なサービスとコンテンツで「インターネットを通じて法律をもっと身近に、もっと便利に。」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング