なぜ「シロクマ」が法廷にあらわれたのか? 地球温暖化訴訟の弁護士に聞く

弁護士ドットコムニュース / 2015年7月6日 14時35分

写真

関連画像

裁判官が「シロクマは当事者ではないので、しまってください」と控訴人(原告)代理人の弁護士らに注意を呼びかける。そんなやりとりが繰り広げられるユニークな裁判が起こされている。しかも原告には、南太平洋に浮かぶ島・ツバルの住民とシロクマが含まれている。いったい、彼らがなぜ、日本の法廷に登場してきたのだろうか?

彼らを「地球温暖化の被害者」として原告に加えた環境団体などは、電力会社11社に対し、二酸化炭素(CO2)排出量を減らすよう求めて提訴した。弁護団のメンバーの市野綾子弁護士に、裁判にかける思いや温暖化被害の現状について聞いた。

●ツバルとシロクマを取り巻く厳しい状況

2011年に全国の電力会社と電源開発に対し、二酸化炭素排出を減らすよう求めた公害調停が却下されたことから、却下を取り消すよう求める訴えを、2012年に東京地裁に起こした。

しかし2014年9月、東京地裁は「二酸化炭素はそれ自体が毒物にあたらない」から地球温暖化は「公害」にあたらず、公害調停の対象ではないなどとして、請求を棄却した。2015年6月の控訴審判決でも、裁判所の判断は変わらず、請求が棄却された。原告らは最高裁に上告している。

——控訴審判決の際、法廷に持ち込んだシロクマのぬいぐるみについて、裁判官から「シロクマは当事者ではないので、しまってください」と言われていましたね。

あのときは「裁判官が気を利かせたのかな」という感じでした。私たちとしては、冷たく「ぬいぐるみはしまってください」と言われるだけだと思っていたんですよ。

——シロクマ訴訟は、2011年9月に、電力会社10社と電源開発の合計11社に対して申し入れた公害調停が却下されたことから始まりましたね。また、なぜ「ツバル」と「シロクマ」だったのでしょう?

私たちは、この裁判を「シロクマ訴訟」と呼んでいます。温暖化の悪影響を受ける象徴的な存在として、シロクマを掲げました。

ツバルは、南太平洋に浮かぶ、珊瑚礁でできた島です。私も視察に行ってきましたが、珊瑚礁の島はもともと海抜が低く、温暖化によって、海面が上昇したため、満潮になると島の中に海水が入ってきたり、地表から海水が湧き出てしまうんです。

大人のひざ下ぐらいまで水がたまったり、家の中にも海水が入りこんだり、塩害でタロイモやプラカ芋などの農作物も育たなくなっています。ツバルの人たちは、「土地が海に食べられる」と言っています。このままでは、人が住めない土地になってしまうでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング