1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

アクセントカラーを使って「NOT黒コーデ」の不安を解消!

美人百花デジタル / 2021年4月8日 20時30分

写真

〝とりあえず黒に頼る〟おしゃれをやめてみると、実はメリットがたくさん。マンネリ打破に効く他、コーデの明度が自然と上がるので気持ちが上向きになったり、周りから優しそうに見られるなど、たくさんのいいことがあるんです。

でも黒は便利なカラーだけに、〝NOT黒コーデ〟の実践に不安が付きまとうレディも多いはず……。代表的なお悩みをピックアップして、解決法とともに〝NOT黒〟の魅力を解説します!

 

黒が使えないとコーデがのっぺりしてしまう……

黒以外の締め色や、アクセントカラーでメリハリをつけて

ブルー

・はしゃぎすぎない華感で上品なアクセントに

ロイヤルブルーなどの深い色出しなら、アクセントカラーと締め色の2役を担える場合も。

×黒だとマダム見えしがちなツイードスカートルック。引き締め効果も担うブルーニットのアクセントで、さわやかにイメチェンを。

ニット¥ 8,690/31 Sons de mode(ヒロタ)  スカート¥13,200/ココ ディール リュクス バッグ¥5,390/ストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス)  パンプス¥9,790/マミアン(マミアン カスタマーサポート)

カーキ

・甘さをスタイリッシュに昇華してくれる注目色

辛口なイメージながら黒よりもニュアンスがあり、レディ服の甘さを調整できる利点も。

チュールスカートならカーキの辛さがマイルドに。

ブラウス¥7,590/31 Sons de mode (ヒロタ)  スカート ¥25,300 (4月中旬入荷予定)/JILLSTUART(JILL STUART ルミネ新宿店)  バッグ ¥17,600/サマンサタバサ(サマンサタバサ ルミネ新宿店)  パンプス¥15,400/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

レッド

・甘いけど強さも感じさせる魅惑のレディカラー

赤リップを塗ると顔が凛と引き締まるように、コーデにも赤を差すと華やかなメリハリが。

イノセントなムードの長め丈シフォンワンピは、はおりもふんわり色だとのっぺり見えがち。こんなときは、女っぽさを損なわずにキリッと引き締め効果を発揮する赤カーデに頼ってみて。

カーディガン¥8,360/Lily Brown ワンピース¥11,660/JILL by JILLSTUART バッグ¥ 23,100、サンダル¥15,400/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

 

掲載:2021年4月号「いいことずくめの〝NOT黒コーデ〟でおしゃれ偏差値アップ」

撮影/志田裕也 スタイリング/筒井葉子(PEACE MONKEY)  ヘアメイク/山下智子 文/高坂知里

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング