1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

生理痛がひどい!けど市販薬に頼るのは不安…医師に「生理の悩み」をぶつけてみました

美人百花デジタル / 2021年7月13日 20時0分

写真

生理痛がつらい日、あなたはどうしていますか? 市販薬に頼っているレディも少なくないはず。だけれど、市販薬を飲み続けて良いのか迷うこともありますよね。今回は、「麻布モンテアール レディースクリニック」院長の山中智哉先生に生理痛についての疑問をぶつけてみました。

 

市販薬で生理痛を抑えるメリットとデメリットを教えてください。

生理痛の感じ方は人によって異なりますが、その痛みが、普段の生活や仕事などに支障がでるほど強い場合には、鎮痛剤で痛みを抑えることが大切です。いつも生理痛が強い方は、一度痛みがでてしまうと、鎮痛剤の効果を感じにくくなりますので、いくらか早めに内服を開始する方がいいでしょう。また、どうしても痛みが強い場合には、内服薬よりも坐薬の方が効果的です。市販薬で生理痛を抑えるメリットは、薬局で手に入りやすいお薬で痛みをコントロールして、生理期間中の生活を過ごしやすくすることにあります。

注意しなければいけないことは、生理痛が、子宮筋腫や子宮内膜症といった婦人科の病気が原因で強まっていることがあることです。痛みを抑えることで、そういった病気に気づくのが遅れることもありますので、定期的な婦人科検診で、そういった病気の有無を確認したり、通常の量の市販薬を内服しても痛みが治まらない時には、婦人科を受診することも大切です。

生理痛を抑える薬にはいくつか種類があります。市販薬を内服する際には、ある程度、自分で判断しなければいけないところがありますが、選ぶのに迷ったらまずは薬局の薬剤師さんに相談しましょう。婦人科ではその症状から種類を選択したり、作用の異なるお薬を組み合わせたりして処方されます。鎮痛剤の量を増やすだけではない方法もあることを知っておいていただければと思います。

なるべく市販薬を飲みたくない場合、痛みを抑える効果的な方法は?

生理痛は、子宮内膜が出血として剥がれ落ちる際に、子宮の筋肉がぎゅっと収縮することによって起こります。この収縮が強いと痛みが強くなります。 基礎体温をつけていると、生理が始まってから排卵するまでは低温期、排卵後から次の生理までは高温期という体温の動きがみられます。生理期間中は、ちょうど体が高温期から低温期に移る時期にあたりますので、体が冷えやすくなります。体の冷えは、子宮の筋肉の収縮を強めます。また骨盤内の血行も悪くなることによって、生理痛の悪化につながります。下腹部を冷やさないようにケアすることや、ゆっくりお風呂にはいるなど、温めることが生理痛の緩和につながります。

またストレスや緊張も生理痛の原因となることがあります。いつもより生理痛が強い場合には、リラックスできる環境を整えたり、しっかり睡眠をとるなど、体や心を休めることが大切です。ちなみに喫煙や、コーヒー、お酒などの嗜好品がリラックスにつながるという方もいらっしゃるかもしれません。

その成分のニコチン、カフェイン、アルコールは、それぞれ鎮痛効果がある物質なので、生理痛を和らげることもありますが、ニコチンには血管収縮作用があり、生理痛にも健康にも害しかありません。適度にコーヒーやお酒を楽しむのは構わないと思います。

その他に生理痛がひどいときにおすすめの運動や体勢を教えてください。

生理痛がひどいときには、体を休めることが大切です。真上を向いて横になると、体の中心を流れる大きな血管を圧迫して、血流が悪くなりますので、体を横にして、少し丸くなって休む体勢がよいとされています。また子宮の筋肉は刺激によって収縮が促されますので、腹筋などの腹圧がかかる運動は控えましょう。

適度な運動は、骨盤内の血流を改善します。息が切れない速度のウォーキングや、ストレッチや負荷の少ないヨガなどが適しています。生理痛がひどいときに運動をするのは大変なことなので、決して無理をする必要はありません。

日常的に運動の習慣を持つことは、体の健康だけでなく生理痛の予防のためにもいいことです。特に内臓脂肪が多くなると、骨盤内の血流が悪くなるともに、脂肪から産生されるアディポカインという物質が炎症によるさまざまな痛みを引き起こすようになります。

 まとめ

生理痛を強く感じたとき、「できればあまり薬に頼りたくないな」という気持ちは、どなたにもいくらかあると思います。

一方で、生理痛で日常生活や仕事に影響がある時には、少しでも早く治す必要もあります。痛みは、感覚的なことだけではなく、心理面や感情面にも影響があります。

生理痛も、痛いということだけでなく、イライラや、積極的な気持ちになりにくいということにもつながります。まずは心身ともにリラックスできる状態で体を休めて、それでも治まらない時には市販薬を内服する、あるいは早く治したいときだけは早めに鎮痛剤を内服するというように、自分のライフスタイルに合わせて選択することが、薬に頼らない生理痛対策ではないかと思います。

教えてくれたのは

「麻布モンテアール レディースクリニック」院長 山中智哉先生

1998年、山梨医科大学(現山梨大学)医学部卒業。2002年、同大学大学院卒業。産婦人科医として20年以上のキャリアがあり、現在は体外受精を中心とした不妊治療とともに、婦人科診療や妊婦健診など女性医療を総合的にサポートしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング