【今日のコーデ】ルーズなシャツとスキニーで女っぽこなれコーデ♡

美人百花デジタル / 2017年12月3日 9時0分

写真

クリスマスはすぐそこ。何としてでも“おひとりさま”を免れたいアラサー女子のために、男ゴコロをつかむプロ、塚越友子先生指導のもと、愛され服の着回しコーデを紹介します!

 

■モテコーデの基本

・シンプルなデザインで自立した女性を演出
・血色がよく見えるカラーで健康的に
・柔らかそうな素材で触りたい欲をそそる
・肌見せとシルエットで健康的な女性らしさ

「男性に流行は伝わらないので、わかりやすい女っぽ服を選んで。ただし、美人百花テイストより可愛さは40%減がマスト。甘すぎると依存度の高い女性として見られる危険性が! また、本能的に健康そうな雰囲気も重要です」(塚越友子先生)

■定番アイテムを選ぶ日はシルエットでワンランク上に

定番アイテムを選ぶ日はシルエットでワンランク上に

(C)美人百花

ルーズに着た白シャツでこなれ感を、スキニーデニムとハイヒールで上向きな美尻ラインを作成して。

シャツ¥15,000/ストラ パンツ¥3,990/アメリカンホリック バッグ¥29,000/ジャンニ ノターロ/ドレスレイブ(ジオン商事) パンプス¥13,871/プールサイド(プールサイド マロニエゲート銀座2店) チェックストール¥13,000/LOVELESS(LOVELESS 青山)

 

本誌12月号『男の深層心理をついた「完全モテ意識」の着回し1カ月』では、ほかにも愛されモテコーデやモテテクをたくさんご紹介しています。ぜひチェックしてくださいね♪

教えてくれたのは

元銀座No.1ホステスで心理カウンセラー 塚越友子先生

(C)美人百花

元銀座No.1ホステスで心理カウンセラー 塚越友子先生
心理学を生かし銀座No.1ホステスに。現在は、悩みを解決して恋愛や仕事の人間関係改善を行う「東京中央カウンセリング」を主宰。

撮影/志田裕也[静物] スタイリング/弓桁いずみ 取材・文/多部千春

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング