ファンティック新型電アシ「ISSIMO」登場 個性豊かな一台の乗り味は?

バイクのニュース / 2020年5月28日 9時0分

ファンティックは新型コロナウイルスの影響により中止となった東京モーターサイクルショーで発表する予定だった新型電動アシスト自転車「ISSIMO」を発表しました。その実力はどれほどのものなのでしょうか。

■街乗りに最適なパワフル電アシ

 イタリア「(ファンティック)」の製品を輸入・販売するサインハウスは、新型コロナウイルスの影響により中止となった東京モーターサイクルショーで発表予定だった新型の電動アシスト自転車「ISSIMO(イッシモ)」を発表しました。

 イタリアでも好調なセールスを記録しているファンティック製の電動アシスト自転車は、電動マウンテンバイク(e-MTB)や電動ロードモデルなど多数のラインナップが用意されていますが、新型モデルであるISSIMOは街中を軽快・オシャレに駆け抜けることを念頭に置いた前後20インチホイールのコンパクトな車両です。

 アルミキャスト製の個性的なデザインのフレームを軸にした同モデルでは、最大250w、最大トルク80Nmを発揮するBAFANG M500モーターを搭載。約4時間で満充電可能な630Whのバッテリーを採用することで長い航続距離を実現しています。

 また、オプションとして用意されたフレームカバーは全6色で、ブラック、レッド、ホワイト、シルバーの4色のフレームと組み合わせることで合計24パターンのカラーコーディネートが可能となります。

 今回の発表に際し、サインハウスの野口英康社長はつぎのように話します。

「ISSIMOはイタリア本国でも高い人気を得ています。電動アシスト自転車のため車重は32..4kg~33.5kgとそこそこ重量がありますが、押し引き用のアシスト機能もあるため、取り回しも楽に行えます。

 また、搭載されるモーターはBAFANGの最上級グレードのため、さらゆるシーンで安定した走行が可能になります。

 今回導入したモデルは国内の規制にあわせていますが、ハンドル幅が広いため、基本的には車道のみの走行となりますが、ハイトの高いタイヤのおかげで段差があっても安定した走行が可能です。

 ファンティック・キャバレロシリーズやe-MTBなどと同じく、その高いクオリティに注目して頂ければと思います」。

■気になるその乗り味は?

 メディア発表会と共に早速、ISSIMOに試乗する機会を頂きましたが、テスト走行はサインハウス・ショールーム近辺、都内でも急坂の多い東京都世田谷区尾山台近辺で行いました。

ファンティックの最新電動アシスト自転車「ISSIMO(イッシモ)」の走行イメージ。急勾配でも楽に駆け抜けることが可能です

 ISSIMOには最弱の1から最強の5までのアシストモード、シマノ製5段ギアが備えられているため、走行する地形やシチュエーションにあわせて25パターンの組み合わせを試すことができます。
 
 まずはギアを1番軽い段数に、アシストモードは1から段階的に強い方へと変えていきます。これを2番目に軽い段数、3番目、4番目、5番目それぞれのギアで試してみましたが、勾配の変化が少ない街中を走る分には3番目から5番目の重いギアに1から3程度のアシスト力で十分という印象です。
 
 また、20インチ×4インチとやや小さめで太いタイヤの転がり方も思った以上に軽く、低速から高速、高めの段差なども安心して走行することができます。
 
 しかし、勾配のきつい坂ではISSIMOに搭載された応答性のいいモーターがその真価を発揮し、平坦な道と同じく軽いペダリングでスイスイと進んで行きます。以前、原付二種モデルで通り、エンジンが唸るような急勾配でも人間の脚の力らのみで楽々と越えることが出来ました。

 さらに、ハンドルに備えられたメーターではバッテリー残量やアシスト力のほか、どれくらいの力で漕いだのかなど、様々な情報が見れる点もISSIMOの魅力かもしれません。

 ISSIMO(キャリア付きのURBAN、ショートマッドガードを備えたFUN)の価格は39万6000円となっていますが、その質感や走行性は同社のキャバレロやe-MTBと同じく高品質なものです。

 他とは違うホビーを求めるならば、現物に触れてみるのもいいでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング