カワサキ「KLX230R」2021年モデル登場 新設計のエンジンとフレームでオフロードの楽しさを追求

バイクのニュース / 2020年7月10日 13時0分

カワサキは新設計のエンジンと採用したオフロードモデル「KLX230R」の2021年モデルを発売します。どのような進化を遂げたのでしょうか。

■扱いやすさと高いオフロード性能を秘めたKLX230R

 カワサキは新設計のエンジンと採用したオフロードモデル「KLX230R」2021年モデルを2020年8月1日に発売します。

 新設計のエンジンとフレームを採用することでオフロードでの楽しさを追求したKLX230Rの2021年モデルは、低中回転域からの力強いトルクを生み出す排気量232ccの空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載したモデルです。

 シンプルな構造でオフロード走破に理想的なKLX230Rは、オフロードライディングでの操縦安定性を実現するコンパクトなペリメターフレームを採用。余裕あるロードクリアランスとロングストロークサスペンションにより、高いオフロード性能を実現しています。

 また、外観においてはKXシリーズを踏襲し、人間工学に基づきマシンコントロール性が高いスリムさとアグレッシブなデザインを採用。加えて、軽量な樹脂製タンク、アルミニウム製スイングアームなど、兄弟モデルのKLX230から各所がアップグレードされ、より軽量な車体(115kg)にしあげられています。

 カワサキ伝統のライムグリーンの外装色を身にまとった「KLX230R」20201年モデルの価格(消費税込)は51万7000円となっています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング