いまどきの250スクーターに乗って困惑? ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.61~

バイクのニュース / 2020年9月9日 17時0分

リターンライダーを目論むレーシングドライバーの木下隆之さんにとって、最近のバイクは見るものすべてが新鮮に映ると言います。ヤマハの軽二輪スクーターにまたがってみました。

■かつてスクーターと言えば“買い物バイク”のイメージだったが……

 久しぶりにスクーターに乗る機会を得た。もともとスクーターに触れることは少ない。まして、ビッグスクーターと言っていいのかどうかは定かではないが、僕(筆者:木下隆之)の中では「スクーター=お買い物バイク」といった少年時代のイメージが強い。

 ガソリンタンクを抱えるような乗車姿勢ではなく、ベンチに腰掛けているような、ちょっとひょうきんなスタイルになるし、ギア操作の無い無段階変速である。近所の買い物のアシ、といった印象が強い。だというのに、この日僕が対峙したヤマハの「XMAX(エックスマックス)」というスクーターは、攻撃的なルックスをしている。

 聞けばスポーティなスクーターで、長距離ツーリングも可能だという。僕が抱いているスクーターの買い物バイクとしてのイメージとは全く違っているらしいのだ。

 搭載される排気量250ccの水冷単気筒エンジンは、いかにもスクーターらしい静かさである。単気筒といっても“ドコドコ”という振動ではないし、マフラーからの排気音も控えめ。ツーリングには官能的な排気音は欠かせないだろうし、エンジンの振動も魅力のひとつであろう。スポーティだと聞かされても、にわかに納得できなかったのだ。

 だがしかし、また僕を混乱に落とし込む。またがってみると、視線が驚くほど高いのだ。スクーターとはいえ、近年のバイク全般が初心者の僕は、ついつい足を大きく後ろに跳ね上げてまたがってしまった。

 これはスクーターだから、女性が跨がるように楚々とした動作で乗り込めばいいのだが、それでも車高は高い。またがってみると足つきが悪い。シート高は795mmもある。僕の短い足では、信号待ちのたびに着座位置を前へずらし、シート前端に移動するか、もしくは探し当てた歩道の縁石に足を乗せる必要があった。

 その瞬間に、およその意味が理解できたような気がする。「XMAX」は、たしかに買い物用のスクーターだけではなく、ツーリングも楽しめるよう設計されたスクーターなのだと想像することができたのだ。

 たしかに加速は鋭い。当然クラッチ操作がないから、スロットルを捻るだけで唐突に発進する。それでも、発進の荒さは抑えられ、右の手首をぐいぐいっと捻れば、クルマの流れの中をスイスイと勢いよく泳いで加速するのだ。

 それでも、ずっと高速となれば加速の伸びは落ちる。初速は鋭いけれど、最高速は期待するものではない。実際の最高速度はともかく、高速巡行型ではないように思えたのだ。

ヤマハ「XMAX」にまたがってみる木下。視線が高くて視界は良いものの、シート高795mmで足つき性はけして良いとは思えない

 いやはや、ますます混乱させられる。スクーターでありながら、足つきが悪く、それでも初速は鋭く、高速巡航はどうも……とは? はたして「XMAX」とは何者なのだろうか? 不思議な乗り物のように感じた。

 あえて行動パターンを想像するならば、日頃の通勤用には最適な1台のように感じた。スクーターの手軽さと、排気量250ccの力強さ、視界の良さ、背の高いウインドスクリーン、それが重宝に感じるシーンは、通勤なのだろうと想像したのだ。

 なるほど、最近朝の幹線道路で「XMAX」を目にすることが少なくないわけだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング