東北自動車道「矢板北PA」で高級豚の生姜焼き定食を!! バイクで行く高速道路グルメ

バイクのニュース / 2020年9月30日 11時0分

バイクツーリングでよく利用する高速道路のSAやPA。今回は東北自動車道「矢板北PA」で食す、高級豚「ヤシオポーク」を使用した生姜焼き定食をご紹介します。

■那須塩原ならではの、高級豚を使用した生姜焼き定食

 全国各地にある高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)は、ツーリングでほぼ確実に立ち寄る高速道路のオアシスです。最近では空腹を満たす「SA・PA飯」のレベルも上昇中なので、高速道路グルメも楽しめます。今回は栃木県那須塩原の高級豚「ヤシオポーク」を使用した生姜焼き定食をご紹介します。

“絶対に”と言いたくなるほど、定食でまず外すことがないテッパンメニューのひとつが生姜焼き定食ではないでしょうか。割とリーズナブルなガテン系のイメージですが、東北自動車道「矢板北PA(下り)」の「ヤシオポーク生姜焼き定食」は、950円という高級価格です。少しビビりながらもその理由を探るべくオーダーしました。

 那須塩原エリアならではのヤシオポークを使った生姜焼き定食のようで、出てきたのは、甘みとコクのある、まろやかで、まさに高品質の豚肉を使ったものでした。味付けも豚肉の旨味を引き出す上品なもので、確かにお肉そのものの旨味を味わうことができました。

 ちなみにヤシオポークは“ホエー豚”と呼ばれている肉を指すのですが、その“ホエー”とは一体ナニ? と調べてみると「乳清(にゅうせい)」のことで、いわゆる牛乳からチーズを作る際に出る残り汁のこと。栄養価が高く、整腸作用もあるそうです。その“ホエー(whey)”を与えられて育った健康な母豚から生まれたのが、ヤシオポークというわけです。

 栃木といえば高級な和牛のイメージですが、それだけではなく、豚肉もブランド品として有名のようですね(お米も美味しかったです)。

 そしてNEXCO東日本公式サイト「ドラぷら」を見てみると「矢板北PA(下り)」ではこの「ヤシオポーク生姜焼き定食」が人気ランキング第1位となっていました。納得です。

ごく一般的な規模のPAで居心地自体は悪くないものの、二輪専用の駐車スペースはぜひ確保して欲しいところ

 ちなみに2位は「氏家うどん(舞茸天入)」、3位は「担々とうがらしラーメン」とのこと。どのメニューも気になります。これから秋、冬を迎えるバイクツーリングで、冷えた体を温めてくれそうなアツアツ人気メニューも味わってみたいと思います。

 ところでバイク乗り視点でひとつ残念に思ったのが、ここ「矢板北PA」には二輪専用の駐車スペースがない(!)ということです。仕方なく小型車用のスペースを使いましたが、車体の大きさとクルマ1台分のスペースだけで見たら、クルマ利用者からの視線が気になってしまいました……。

 当然ながら、バイクもクルマやトラックなどと同様に高速道路利用者であり、利用料(軽自動車と同じ料金)も納めているわけですが、場内の円滑な利用のためにも、二輪専用スペースは確保していただきたいものですね(「黒磯PA」にも寄ってみましたが、こちらも二輪専用スペースはありませんでした)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング