MotoGP2020年の総括、そして2021年の展望!

バイクのニュース / 2020年12月30日 21時0分

2020年MotoGPシーズンは、スズキのジョアン・ミルが2000年のケニー・ロバーツ・ジュニア以来となるMotoGP最高峰クラスのタイトルを、スズキにもたらしたことが印象的でした。

■2020年印象に残る出来事は何でしたか?

 なんといってもジョアン・ミルが、2000年のケニー・ロバーツ・ジュニア以来となるMotoGP最高峰クラスのタイトルを、スズキにもたらしたことが印象的ですね。

 結果的にヨーロッパGPの1勝のみに終わりましたが、スティリアGPでも赤旗中断がなければ優勝していたでしょうし、シーズン後半の安定感は際立っていました。

■2021年はどうなる?(どうなって欲しい?)

 右腕の怪我の回復状況が芳しくないといわれているマルク・マルケスが、復帰後、以前と同じような強さを見せつけることができるかに注目ですね。

2021年復帰を目指すRepsol Hondaのマルク・マルケス

 勝つ味を覚えた新世代のライダーたちも自信をつけて襲いかかってくるでしょうし、2020年のように誰が勝ってもおかしくないような展開を期待しています。

ワークスチームから移籍したバレンティーノ・ロッシの去就にも注目

 それとやはりバレンティーノ・ロッシの走りからも目が離せません。

 最高峰クラス200回目の表彰台に無事立てるのか? それによって、2021年以降の身の振り方も決まってくると思います。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング