前人未到の15連覇へ!トライアルの生きる伝説トニー・ボウ選手HRCと3年契約延長

バイクのニュース / 2021年1月16日 19時0分

HRCは、トライアル世界選手権に参戦している絶対王者トニー・ボウ選手と2022年シーズンから3年間の契約延長に合意しました。トニー・ボウ選手は、屋外屋内競技を合わせて28連覇中です。

■最強王者の目標は、前人未到の15連覇!

 ホンダ・レーシング(以下、HRC)は、FIMトライアル世界選手権TrialGPクラスに参戦しているトニー・ボウ選手と2022年シーズンから3年間の契約延長に合意し、ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)」より参戦することを発表しました。

 トニー・ボウ選手は、2003年よりトライアル世界選手権に参戦、2007年には「レプソル・モンテッサ・エイチアールシー(Repsol Montesa HRC)」に移籍し、HRCのワークスマシン「Montesa COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得。それ以降、2020年までに、14年連続14回のチャンピオンに輝いています。またトニー・ボウ選手は、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権でも、2007年から14年連続でチャンピオンを獲得しており、合わせて28連覇の偉業を更新中です。

トライアル参戦26年目のシーズンを迎える藤波貴久選手

 また、26年目のシーズンを迎える藤波貴久選手も2021年シーズンをトニー・ボウ選手と共にトライアル世界選手権参戦が決定しています。

■Repsol Honda Team トニー・ボウ選手

Repsol Honda Team トニー・ボウ選手

「私はこの契約更新にとても満足しています。私を信頼してくれたホンダに感謝します。素晴らしいチームであるとともに、素晴らしい絆で、私たちは多くの成功を収めてきました。このような困難な状況において、私に信頼を示してくれたことを誇りに思います。2022年以降の契約更新は、私のキャリアと、ここ数年一緒に行ってきた素晴らしい仕事に対する評価だと思います。私はこのチームにもっと何年も所属できることを願っています。ここは私の居場所ですから、何も変わらないことを願っています」

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング