1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

中央道「原PA」で食すPA飯 「ミニソースカツ丼うどんセット」 バイクで行く高速道路グルメ

バイクのニュース / 2021年6月30日 11時0分

高速道路を利用したバイクツーリングでは、休憩やお食事にパーキンエリア(PA)が便利です。サービスエリア(SA)ほどの大型施設ではないものの、フードコートには食べ応えのあるメニューが豊富です。今回は中央道「原PA」で「ミニソースカツ丼うどんセット」を食べてみました。

■こってりソースとあっさりうどんが絶妙にマッチ

 高速道路を利用したバイクツーリングの帰り道、中央自動車道を上り方面(東京・河口湖方面)へ移動中、空腹を満たすため「原PA」(長野県諏訪郡原村)に立ち寄りました。

『道の食堂 Daily亭』に入り、あまりにも豊富なメニューにしばし悩んだ末に選んだのは「ミニソースカツ丼うどんセット」(760円)でした。ほかにもミニ牛丼やミニ中華丼など、ミニサイズの丼メニューが豊富で選ぶのに時間がかかってしまいました。

 さて、券売機で購入したチケットを食堂の店員さんに渡すと「これからカツを揚げるので少しお待ちください」とのこと。出来上がった料理は、揚げたてサクサクプリプリのカツにソースで美しいラインが描かれていました。さすがガッツリ系メニューだけあって、ミニとはいえなかなかのボリュームです。

 うどんは関東風、いわゆる「たぬきうどん」です。具材は揚げ玉、ワカメ、ネギ、ナルトです。これを関西方面では「天かすうどん」と呼ぶのでしょうか? 関西で「たぬき」と言えば油揚げが乗ったそばを指すそうですが、それは関東では「きつねそば」ですね。

 さておき、うどんはツルツルした食感で喉越しも良く、走り疲れた体にも優しく感じます。コッテリしたソースカツ丼とのバランスが良く、たいへん満足できました。

フードコートは『道の食堂デイリー亭』というデイリーストアの食堂。ご飯大盛りサービス実施中とのこと

 この中央道「原PA」にはデイリーストアが隣接されており、お土産にお菓子を購入しました。信玄公のお膝元であるこの地域の定番のお菓子といえば、桔梗信玄餅でしょう。信玄餅にはいろいろな派生菓子が存在しますが、今回はキャラメルを購入しました。バイクツーリングの途中で、甘い食べ物はちょっとした疲労回復にもなりますね。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング