1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

究極を謳うスーパーモタードレーサー KTM「450 SMR」2022年型登場

バイクのニュース / 2021年9月9日 19時0分

オーストリアのバイクメーカー「KTM」から、スーパーモタードレーサー「450 SMR」の2022年型が登場し、海外で販売を開始しました。

■欧州で盛んな「スーパーモト」クラスを戦う純レーサー

 オーストリアのバイクメーカー「KTM」から、スーパーモト(スーパーモタード)レーサー「450 SMR」の2022年型が登場し、海外で販売を開始しました。

 KTM「450 SMR」は、アスファルトの上でのシャープな走りと、それに見合ったデザインを備えたKTMのスーパーモタードの代表的なモデルです。2022年型ではオレンジ色のフレームにブルーのシート、レーシンググラフィックなど、Red Bull KTM Factory Racingのスター選手が駆るマシンとの親和性が高められています。

 搭載される排気量449.9ccの4ストローク水冷単気筒SOHCエンジンは、MXGP世界選手権およびAMAスーパークロス世界選手権でチャンピオンを獲得したKTMのマシンをベースに、スーパーモタードでの使用に最適な調整・変更を加え、その重量は27.3kgながら63hpを発揮します。Pankl Racing Systems製の5速ギアボックスを採用し、各ギアに固有のエンジンマップを可能にするセンサーを搭載することで理想のパワーカーブを追求しています。

 スーパーモタードに最適な足まわりには、WP製サスペンションXACTテクノロジー、フロント16.5インチ、リア17インチのALPINA製スポークホイール(チューブレス)、ブリヂストン製スリックタイヤ、必要とされるブレーキ性能にはBrembo製4ピストンラジアルキャリパーとマスターシリンダー、前後に310mmと220mmのブレーキディスクを装備しています。

 2022年型のKTM「450 SMR」は、2021年9月より各国のKTM正規販売店で販売されます。日本への導入予定などは未発表です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング