1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ

ホンダ「CB300R」サスペンションやクラッチのアップデートで走りに磨きをかけた新型モデルが欧州市場に登場

バイクのニュース / 2022年1月25日 17時0分

ホンダ・ヨーロッパは新世代CBシリーズの一台である「CB300R」を欧州市場に導入します。どのような進化を遂げたのでしょうか。

■サスペンションやクラッチのアップデート

 ホンダ・ヨーロッパは新世代CBシリーズの一台である「CB300R」を欧州市場に導入します。

ホンダ「CB300R」最新モデルホンダ「CB300R」最新モデル

 欧州においてはCB1000R、CB650R、CB125Rと共に「ネオスポーツカフェ」を構築する一台としてラインアップされているCB300Rの新型モデルは、EURO5適合のDOHC・4バルブ・286cc水冷単気筒エンジン(最高出力22.9kW、最大トルク27.5Nm)を搭載した小排気量ネイキッドモデルです。

ホンダ「CB1000R」を頂点に構成されている新世代CBシリーズホンダ「CB1000R」を頂点に構成されている新世代CBシリーズ

 ウェット重量わずか144kgと軽量な車体とされたCB300Rの最新モデルでは、41mm径のショーワ製SFF-BPフロントサスペンションやIMU(慣性計測ユニット)制御のABSブレーキなどを新たに採用。

ホンダ「CB300R」最新モデル。41mm径のショーワ製SFF-BPフロントサスペンションなどが新たに採用されていますホンダ「CB300R」最新モデル。41mm径のショーワ製SFF-BPフロントサスペンションなどが新たに採用されています

 クラッチレバーの操作荷重を低減するアシスト機能と、シフトダウンに伴う急激なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを軽減するスリッパー機能を備えたアシスト/スリッパークラッチを備えることで、より快適でスムーズな操作性が実現されています。

 日本においては排気量を適切化させた「CB250R」が導入されていますが、同様にアップデートされた新型モデルの国内導入に期待したいところです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください