実はメイクの順番が原因!「老けたオバ顔」になるNGプロセス3つ

美レンジャー / 2014年6月10日 14時0分

写真

なぜかメイクをすると年齢より老けて見える……ということはありませんか? 

みんなと同じようにメイクをしているのに、実年齢より上に見られてしまうのは、毎日のメイクの順番が間違っていることが原因かもしれません。

今回は、老けた“オバさん顔”に見えてしまうのを防ぐ、正しいメイクの順番をご紹介します。

■1:ファンデは広い頬から塗ること

くすみやニキビ跡を隠そうと、口の周りを厚塗りしていませんか!? 口の周りをしっかりメイクすると、ヨレて崩れやすくなる他、オバさん顔に見られる大きな原因になります。

ファンデーションの塗る順番を変えて、オバさん顔になるのを防ぎましょう。範囲の広い頬からおでこ、鼻へ伸ばし、口周りは最後に極力薄く塗るのがコツです。

■2:フェイスパウダーはTゾーンからのせる

お粉をパフに含ませて、まずどこからつけていますか? 最初に乾燥しがちな頬にパフを置くと、粉が多くつき過ぎてマット肌になります。肌はマットになればなるほど、オバさん顔になってしまうので要注意。

フェイスパウダーはテカりやすいTゾーンから押さえ、頬や口周りは、ほぼ粉の残っていないパフで丁寧にのせて、余分な油分のみ取るようにしましょう。乾燥を防ぐ効果もあり一石二鳥です。

■3:アイラインはアイシャドウの前に描く

アイシャドウを塗った後にアイラインを描き、さらにはマスカラを塗った後に、もう一度ラインを描き足すといった方も多いのではないでしょうか?

アイラインを強調するのは、のっぺりした古臭いオバさん顔に見える原因になります。これを防ぐためには、アイラインを先に描いてからアイシャドウを塗りましょう。トゲトゲしい印象もなくなり、ナチュラルなグラデーションができるので、こなれた今風の目元になります。

今回は、メイクの中でも重要なファンデーション、フェイスパウダー、アイラインの正しい順番について紹介しました。

上記と工程が違っていたら、普段の順番を少し変えてみてください。驚くほど顔の印象が変わるはずです。明日からさっそく試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

※ そんなんじゃ無理!好きな彼に「ドン引きされる」NGメイク5つ

※ いつものメイクにちょい足しで「顔をキュッと小さく見せる」裏ワザ

※ 首から下がオバサンに!「ダブダブ首肉」がついてしまうNG習慣

※ 見た目年齢がUP…マリオネットラインを加速させるNGなクセ

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング