こりゃビックリ!「毛穴肌がツルツル肌になる」ベースメイク術

美レンジャー / 2014年5月23日 16時0分

写真

どうしても目立ってしまう毛穴の開きは、大抵の場合、メイクアップで隠すことが可能です。でもファンデーションの厚塗りで隠そうとして、余計に目立たせてしまっている人が多いようです。

毛穴の目立つ肌をツルンとした肌に仕上げるには、いつもの下地とコンシーラーだけあれば大丈夫。もしクリアな毛穴専用下地があれば、それも効果的に使うことができます。

今回は、毛穴を自然にカバーするベースメイクのコツを4つお伝えしていきます。 

■1:スキンケアを馴染ませる

スムーズな下地を作るために、メイクアップ前のスキンケアで美容液や乳液を、毛穴を隠したい小鼻や頬にちゃんと馴染ませることが、まず大事です。

■2:下地を擦り込む

ファンデーションを塗る前に下地をつけます。毛穴が目立つ部分は、毛穴カバー用下地などを用いてもOK。下地を指先に少量取って、毛穴に擦り込みます。小鼻の辺りは、鼻先を反対側に押しながら、丁寧に擦り込むのがポイントです。 

色つきの下地と毛穴カバーを両方使う場合は、毛穴カバー用の下地を先に使うとよいです。

■3:コンシーラーは柔らかいもの

毛穴が気になる部分には、リキッドに近いソフトなコンシーラーを選びましょう。小さめのブラシでさっと塗り、その後、指で押さえるように馴染ませます。 

■4:仕上げにファンデを塗る

ベースメイクが完了したら、パウダーファンデーションを仕上げに顔全体に塗っていきます。ファンデーションを塗る時は、毛穴が気になる部分にだけスポンジを下から上に向かってたたき込むようにすると、さらに毛穴の凹凸が隠れて見えます。 

肌を整える成分が入っている下地や、光の拡散効果があるコンシーラーを使うのもよい方法です。どの製品も一度にたくさんつけるのではなく、少量を重ねていく方がキレイに仕上がりますよ。

【関連記事】

※ 今話題の「HSP」がスゴイ理由。肌運命が変わる!?

※ パックのしすぎはNG!専門医が語る毛穴が目立たくなる方法6つ

※ 皮膚科医がそっと教える「肌をボロボロにする」NGスキンケア4つ

※ 気合は十分でも…調査で判明!男性がドン引きする「お肌とメイク」

※ 【動画あり】憧れの先輩に!メイクと服で「凛とした素敵30代」になる技

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング