心と身体がスッキリ!今話題の「ベビマ」はママにも好影響なワケ

美レンジャー / 2014年6月26日 14時0分

写真

人気モデルの鈴木サチさんやタレントのスザンヌさんがおすすめしていることで、人気に火がついたベビーマッサージ、通称“ベビマ”。

実はこのベビマ、赤ちゃんへの効果はもちろん、マッサージするママもキレイになれる効果があることが判明しました。

そこで今回は、今話題のベビーマッサージが与える、赤ちゃんとママへの驚くべき効果をご紹介します。

■そもそもベビーマッサージとは?

ベビーマッサージ(以後ベビマ)とは、親が直接赤ちゃんに触れて行うマッサージのことです。ベビーマッサージ講師として活躍されている宮森渚朝さんにうかがったところ、日本では、江戸時代から”小児按摩(しょうにあんま)”として、各家庭で子どもへのマッサージが行われていたそうです。

しかし時代とともに、西洋や欧米からの育児法が導入され、その習慣は衰退していきましたが、近年赤ちゃんへのスキンシップや皮膚刺激の効果が最注目され、ベビマという形で広まっています。

■ベビマが赤ちゃんに与える好影響

(1)情緒の安定、リラックス効果

ママと直接肌と肌が触れ合うことでぬくもりが伝わり、赤ちゃんが安心してリラックスすることができます。

(2)全身の筋肉を刺激し、発達を促す

全身の筋肉を刺激することで、首すわりや腰すわりが早くなったり、寝返りやハイハイの発達を促す効果があります。

(3)丈夫な身体を作る

マッサージで血行促進、リンパの流れをよくすることで風邪などをひきにくい、丈夫な身体を作る効果も期待できます。

このようにベビマは、赤ちゃんに好影響を与えます。そしてママにも嬉しい効果が期待できるのです。以下でご紹介しましょう。

■ベビマがママに与える好影響

(1)愛情ホルモン“オキシトシン”が分泌される

スキンシップをとることで、女性ホルモンの一種“オキシトシン”が分泌されます。オキシトシンは、肌細胞に働きかけてターンオーバーを促進する、美肌効果のあるホルモン。そのため、若々しいツヤ肌効果が期待できそうですね。

(2)ストレッチ効果で血行促進

腕を大きく開いたりするなど、随所でママのストレッチ要素を盛り込んでいるのも、ベビマの特徴のひとつ。マッサージをしながらストレッチ効果も得られ、血行促進にもつながります。

(3)出産、育児でのショックや不安の解消

例えば、緊急帝王切開で大変な思いをした、母乳が出ずにストレスを感じた……といった出産時や育児でのショックや不安から、子育てに自信を無くしてしまうママも多いそうです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング