大事な日に限ってボロボロ…50%が「勝負日に肌荒れ」で悩む現実

美レンジャー / 2014年7月7日 22時0分

写真

「明日は重要なプレゼンの日」そんな大事な時に限って、大きなニキビが出現なんて経験はありませんか? 応急処置として、いろいろな対策があると思いますが、そういう時、他の皆さんがどんな対応をしているのか、気になりますよね?

そこで今回は、世の女子たちがお肌トラブル発生時にどんな対応をしているのか、大事な時に肌荒れをしないために気を付けるべきポイントを、紹介したいと思います。

■直前に肌荒れをして困ってしまったイベントは?

ドクターシーラボが行なった、全国の20~30代の女性360名を対象にした「イベント直前の肌荒れと対策に関するアンケート」では、「大事な日の直前(約1週間~前日)に肌荒れ・肌トラブルを経験したことはありますか?」という質問に対して、2人に1人は「ある」と回答しています。

また、「大事な日の直前に肌荒れしてしまったエピソードを教えてください」とフリーワードで回答してもらったところ、多くの方々が「結婚式」「デート」「写真撮影」の3イベントを挙げるという結果に。

中には、「結婚式の前日に吹き出物が大量発生したため、あわててケア。しかし、治らず、恥ずかしい思いをした」というものや、「デートの日に肌が荒れていてフラれた」など、突然の肌トラブルに対して、何とかしたいと対応はしてはいるものの、当日までには回復できないケースが多いようです。

■緊急時は外側ケアよりも内側ケアを重視する傾向が

上記のアンケートで、「大事な日に肌荒れしないように気を付けていることはありますか?または、肌荒れ時の緊急ケアを教えてください」という質問では、「大根を顔に貼り付ける」「トマトを前日に食べる」などの昔から伝わる民間療法や、果物や野菜そのものの栄養に頼る回答が目立ちました。

また、美容ドリンクを飲む、睡眠を多く取るといった表面からのスキンケアよりも、内側からのインナービューティーにこだわる傾向がある人もいるようです。

他にも、「大事な日の直前に肌荒れ・肌トラブルが起こってしまった時、どのようなスキンケアをしますか?」という質問では、約5割の方々が「いつもと同じスキンケアをする」と回答。「肌荒れ対策用のスキンケアに切り替える」と回答した方々は、全体の1割と少数派でした。

肌トラブルが起きている時は、お肌が弱っている証拠。では、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか? 下記で美肌を守るコツをお伝えします。

■大事な日を美肌で迎える3つのポイント

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング