美人はこっそりやってる!「キレイだね」と言われるメイクのコツ

美レンジャー / 2014年9月23日 14時0分

写真

可愛いとキレイ。どちらも褒め言葉なのですが、みなさんはどちらの褒め方をされるのが嬉しいですか? 一説によると、女性は一定の年齢に達すると、可愛いよりキレイと言われる方が望ましいと考える傾向にあるよう。とは言っても、いきなり変身するのは勇気がいりますよね。

ちょうど季節の変わり目でもある今。イメチェンをするならこのタイミングが狙い目です。では、可愛いからキレイへとイメチェンをするには、どのようなことに重点を置いたらいいのでしょうか。

そこで今回は、キレイと言われたい女性必見のメイクのコツをお伝えしていきたいと思います。

■1:ネイルは”グレーベージュ”がオススメ

グレーベージュのネイルは肌馴染みが良く、指をホッソリと長く見せてくれます。また、どのようなファッションとも相性が良く、”落ち着いた女性”というイメージを与えてくれます。

■2:姿勢を正す

姿勢を正すだけで、凛としたオーラを出すことができます。座っている時、立っている時ともに膝を揃え、肩をグッと後ろに開いて猫背にならないように気をつけましょう。

■3:盛りメイクは卒業する

明らかに不自然なつけまつげやサークルレンズは、メイク初心者という印象を与えてしまいます。

目尻だけにつけまつげをつける、色や大きさが自然なサークルレンズをつけるなどして、ナチュラルに仕上げましょう。涙袋の盛りすぎにも気をつけて。

■4:メイクは色を統一する

アイシャドウやチーク、口紅の色味を統一するだけでメイクの完成度が高くなり、キレイ顔に近づけます。

オークル系の肌ならブラウン系、オレンジ系、白い肌ならピンク系を使うのがオススメです。コーラル系ならどちらにも合うので、試してみては?

■5:チークは頬骨の下に

頬骨の下に落ち着いた色のチークを入れると、シェーディング効果でシャープなキレイ顔に見せることができます。

いかがでしたか? 「思い切ったイメチェンは恥ずかしい」という方も、衣替えシーズンに合わせれば、抵抗なく変身できるのではないでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 「目はひとまわり大きく・顔はひとまわり小さく」なる簡単な方法

※ 彼に「最高に可愛い」と思わせるためデート前日にやるべきこと5つ

※ 囲わない囲い目?「北川景子流S字ライン」で圧倒的な目ヂカラを

※ 女子がグループでいるときに「周りが心底嫌がる」非モテ言動4つ

※ 【動画あり】矯正サロン並みの効果!「拳だけ」でできる小顔キープ術

【姉妹サイト】

※ これなら手軽!仕事で気乗りしないとき「やる気を引き出す」速攻テク5つ

※ 錦織とアガシが夢の対決!WOWOWにて11月に無料生中継が決定

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング