プロ直伝!たった1ヵ所揉むだけで「美尻・美脚」になれる魔法テク

美レンジャー / 2014年9月29日 11時30分

写真

お尻の垂れや太もものハリ、O脚など、下半身の体形の悩みを持つ女性は少なくありません。実はそれらの悩みの原因のひとつが、“ふくらはぎ”です。

ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど、体の中でも重要なパーツのひとつ。そして同時に、むくみやすいパーツでもあります。ふくらはぎのむくみを放置すると、お尻の垂れや肥大化、下半身太りの原因に……。

そこで今回は、ふくらはぎがもたらす体への悪影響と、むくみをほぐすマッサージ方法をご紹介します。

■ふくらはぎがむくむと下半身太りやO脚を招く

各界の著名人やタレント、モデルも通う小顔美容サロン『M.PLUS(エム.プラス)』のオーナー・むのさんにお話をうかがったところ、ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれていて、筋肉が収縮することにより、重力に逆らって血液を心臓に戻すポンプの役割をしているそうです。

しかし、多くの女性のふくらはぎはむくんでいたり、老廃物を溜め込んでしまっていることでポンプの役割が弱まっています。血液を心臓に戻す力が弱まると血行が悪くなり、ますます冷えやむくみにつながります。

また、体はつながっているので、ふくらはぎの筋肉がガチガチに凝っていると、お尻も下垂しやすくなってしまいます。ふくらはぎを揉みほぐすことで血行促進、下半身のお悩み解消にもつながります。

■2分でできる簡単ふくらはぎマッサージ法

今回、むのさんにうかがったふくらはぎをほぐすマッサージ方法をご紹介します。マッサージをするときは、滑りをよくするためにエッセンスやオイル、クリーム等を使用します。

(1)足の甲から足首に向かってマッサージ

足の甲から足首に向けて、むくみをグーッと押し上げるように圧迫しながら手を滑らせます。

(2)足の側面をマッサージ

足の甲の外側を圧迫しながら指を滑らせ、くるぶしの後ろにあるくぼみを通り、足首まで流します。

(3)足の甲の内側も(2)と同様に行います。

(4)脛骨の両側に溜まった老廃物を流す

スネにある太い骨である脛骨(けいこつ)の両サイドを、人差し指、または手全体で包み込んで足首から膝下まで、グーッと老廃物を押し上げるように流していきます。もう片方の脚も同様に行います。

(5)膝まわりをマッサージ

膝の骨のまわりを指でマッサージし、最後にひざ裏にあるリンパ節を指でグッと押し込むように刺激します。

(6)ふくらはぎをほぐして流す

片脚を上げ、両手のひらで固くなったふくらはぎを足首から膝下まで圧迫しながら押し上げます。もう片方の脚も同様に行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
美レンジャー

トピックスRSS

ランキング