あなたは自分の美しさに何点つけられる?全国平均は驚愕の●点

美レンジャー / 2014年11月17日 15時0分

写真

 

やはり女性であれば、いくつになっても誰しも美しくありたいもの。コスメやダイエット、ファッションなど皆さんも気になる方も多いのでは。あなたは自分の美しさについて考えたことはありますか?

今回、自分の美しさを点数にしたら、平均で4.2点にしかならず、理想と現実には大きな隔たりがあることが浮き彫りとなりました。

世の中の女性たちが自分の美をどう受け止めているのか、その実態についてご紹介しましょう。

■美に自信がない人は79.3%

株式会社アテニア『Bliss Beauty Labo』調べによると、20代から50代までの女性600名に行われたアンケートで、「自分自身の美しさに自信がありますか?」との問いに「とてもある」「ややある」と答えた人は合計20.7%で、「あまりない」は53.0%、「全くない」は26.3%もいるという結果になりました。

さらにこの質問で「とてもある」「ややある」を合わせた割合が、30代で最も低く16.0%にしかならなかったのです。また「今の自分の美しさに点数をつけるとしたら?」という質問に対して、10点満点中で平均点はたったの4.2点となり、0点と答えた人が4.8%もいました。

■日本人女性の幸福度、10点満点中平均6.3点

美しさの感じ方は人それぞれ。小さいことから幸せに感じる人もいれば、人生が大きく変わるような大きな出来事が幸せに繋がる人など様々な価値観があるかと思います。

では、「美しくなる」ことで、あなたの幸せはどうなるでしょうか。

「今より美しくなった時、あなたの幸福度は上がると思いますか?」の質問にはなんと56.7%の人が上がると答えているのです。さらに「今より美しくなった時、あなたの幸福度は何点になりますか?」の問いには現在の幸福度が6.0に対して、”美しく”なった時の幸福度は8.0まで上昇するようです。

■今より美しくなりたい女性は82.3%

ただ美への取り組み方の現状を考えると、まだ不十分なところが多いのも事実。「今より美しくなりたいですか?」との質問に82.3%が「はい」と答えているのにも関わらず、「美のために努力をしている」と答えた人は33.2%しかいなく、残りの7割近くが努力をしていない、あまりしていないと回答しているのです。

自信を失う30代でも、そこから復活してキレイを取り戻していくには、やはり心がけや意識が大切です。そんな方におすすめしたいのが、化粧品のアテニアが女性の美しさについて情報を発信するサイト『Bliss Beauty Labo』。女性の美と幸せに関する情報を広く紹介し、体感できるウェブサイトになっています。

30代は美しさへの自信をなくしやすい年代なのかもしれませんが、でもそれは一時的なもの。精神的な充足感はお肌の調子を整え、生き生きと毎日を送っていると見た目にも現れるものです。だから毎日を精一杯生きているなら、それはやがてお肌の調子を整え、美しさと自分自身への自信につながっていくのでしょうね。

【参考】

※ 美と幸福に関する調査 – Bliss Beauty Labo

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング