米調査で判明!ダイエット効果が高い「●●入りヨーグルト」はコレ

美レンジャー / 2014年11月16日 9時0分

写真

ダイエットにヨーグルトを用いている方も多いと思いますが、先日、アメリカで発表された研究によると、ある特定のヨーグルトに、ダイエット効果が認められたそうです。

米栄養学誌『Journal of the American College of Nutrition』によると、生きて腸まで届くビフィズス菌を中心とした腸内有益菌を含むヨーグルトに、ダイエット効果の可能性があると発表されました。

アメリカのヘルスケア雑誌・健康情報サイト『Women’s Health』でも紹介されています。今回は、ダイエットにおすすめのヨーグルトをお伝えしましょう。

■ダイエットを効率的にするヨーグルトとは?

研究では、肥満傾向にある参加者を3つのダイエットグループに分け、

一つ目のグループには、通常のヨーグルトにカロリー控えめの食事にし、2つ目のグループには、生きて腸まで届くビフィズス菌を含むヨーグルトにカロリー控えめの食事、3つ目のグループには、通常のヨーグルトに通常のカロリーの食事を8週間にわたって続けてもらい、体重などの推移を調べました。

その結果、生きて腸まで届くビフィズス菌を含むヨーグルトと、低カロリーの食事を摂っていた2つ目のグループに、最も体重と体脂肪の減少が見られたと伝えています。ビフィズス菌が腸内環境を整え、ダイエット効果を高めたようです。

一般的なヨーグルトに含まれるビフィズス菌は胃酸に弱く、ヨーグルトで摂取しても多くは胃で死滅してしまうとされています。乳酸菌に関してもほとんどは、胃酸や胆汁酸によって胃や小腸で死んでしまい、腸まで届きにくいのです。

■入手しやすい市販のヨーグルト3種

生きて腸まで届くビフィズス菌は、店頭でも”高生存ビフィズス菌”として見かけることがあるかと思います。

そのうちの一つ、生きたまま腸まで届くビフィズス菌の研究開発に20年の歳月をかけたダノンでは、”高生存ビフィズス菌BE80”が入った『ダノンビオ』と、一般的なビフィズス菌Aが入ったヨーグルトで腸内環境を想定し、ビフィズス菌の生残性比較を行っているそうです。

その結果、一般的なビフィズス菌Aは、目視では確認できませんでしたが、”高生存ビフィズス菌BE80”のほうは、培養後も菌が生きていることが確認できたとのこと。

そのほか、ダノンジャパン『ダノンビオ』以外にも、生きて腸まで届くものには、グリコ『朝食Bifix』、森永乳業『ビヒダス』などがあります。いつもヨーグルトを食べている方は、ヨーグルトを変えるだけで、ダイエット効率を高めることが期待できそうですよ。

記事を読んで気になった方、早速、ヨーグルトダイエットを試してみては?

【関連記事】

※ 酵素ドリンクとスムージーの組み合わせが! -20キロを目指すダイエット

※ 1,400円以下…なのに使える!「ガチ人気コンシーラー」ベスト5

※ 妊娠体質になりたい!医師が断言「女性がもっと摂るべき」栄養素

※ どれを買うのが正解?薬局で迷わない「よく効く頭痛薬」の選び方

※ 【動画あり】セルフなのに剥がれない!「ジェルネイル」3つのコツ

【姉妹サイト】

※ マウンティングしあう女達の本音!女の価値は顔より●●で決まると判明

※ 目覚めスッキリ!夜更かしグセをなおして「朝人間」になる秘訣5つ

【参考】

※ Eat Yogurt, Lose Weight – Women’s Health

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング