女子だって「ガッツリ食べたい!」美容にうれしいヘルシー丼3つ

美レンジャー / 2013年12月10日 19時0分

写真

ごはんをよそって、その上に具材をのせるだけで簡単にできてしまう丼ものは、おなかがすいているときには特に美味しくガッツリ食べられるメニューです。それに料理する時間も短く、忙しい朝や疲れて帰ってきた夜などにはピッタリ。

そのかわりお米をたくさん使う分、低カロリーにはなりにくいし、体重を気にする女性は躊躇してしまうメニューでもあります。でも食材と調理法を選べば、ヘルシーにしかも美容にもうれしい一品にアレンジすることができるのです。そんな、女性におすすめの丼メニューをご紹介しましょう。

■1:納豆アボカド丼

美容にもいいと言われる代表食材の納豆と、アボカドのゴールデンコンビです。アボカドはサイコロ状にカットして、納豆と一緒に軽く混ぜてごはんの上にのせてできあがり。

ネバネバ食材である長いもを同様にサイコロ状にカットして混ぜたり、めかぶ、オクラをお好みでミックスしてもおすすめです。

■2:漬け山かけ丼

マグロの漬け丼に、山いもをすりおろしてかけるだけ。山いもをすりおろすことで、包丁でカットするよりも、身体に必要な酵素をたくさん摂れるし、わさび醤油とあわせれば疲れた日にもさらっと食べられる一品になります。

卵の黄身を割り入れたり、刻みのりをプラスしてもさらに美味しくいただけます。マグロではなく、サーモンやアジなどお好みの魚でアレンジしてももちろんOKです。

■3:おろし豚しゃぶ丼

納豆や魚じゃ物足りない、肉がやっぱり食べたいという方には、このメニューがおすすめ。豚肉をしゃぶしゃぶの要領で茹でて、余分な油を落としておきます。これをごはんの上にのせ、あとは大根おろしをたっぷりのせて麺つゆかぽん酢をかけてできあがり。

どれもわずか10分ほどの調理時間でできてしまうものばかりですから、時間がない日のごはんにも簡単に利用できます。それでもカロリーが気になるという方なら、ごはんを少なめにしたり、雑穀を混ぜ込んだごはんを使う、あるいは玄米を使うなどの工夫をするとさらにいいですね。

【関連記事】

※ 代謝アップさせて美肌を手に入れるための食生活のコツ

※ 「夜に食べると痩せ体質」になる朝に食べがちな食材とは?

※ 「これが人生を無駄に…」やめられない悪習慣ランキング

※ 小腹が空いたらコレ!深夜食べてもOKな「夜食」トップ3

※ 驚愕の事実が判明…早食いだと糖尿病のリスクが高まる

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング