小じわが「クシャッと深くなる」前にオフィスでやるべき乾燥対策

美レンジャー / 2013年12月12日 8時0分

写真

乾燥はシワ、たるみ、くすみの原因となるお肌の大敵です。特に冬は空気自体の乾燥に加え、オフィス内は暖房の影響で湿度が低くなりがち。オフィスでの乾燥を放っておくと、夕方には目元や口元に細かい小じわが出現する、ほうれい線が深くなってくるということも起こりえます。

そこで今回は、潤い肌を一日守るためのオフィスでの乾燥対策を5つご紹介します。

■1:朝のスキンケアは念入りに

忙しい朝だけに、スキンケアを短時間ですませたい気持ちは山々ですが、乾燥を防ぐには朝のスキンケアが重要です。化粧水のあとにハンドプレスをしてじっくりなじませたり、いつもより5分早起きしてローションパックを行うなどしましょう。このひと手間で肌細胞にたっぷり水分がいきわたるので、透明感も出てメイクのりもよくなります。

乾燥が特に気になる部分にはナイトクリームを軽くなじませ、余分な油分をティッシュオフしてからメイクをするのも効果的です。最近は朝も使えるクリームが販売されているので、そちらを使用するのもおすすめです。

■2:リキッド、クリームタイプのファンデーションを使用

オフィスでの乾燥対策で必須なのがファンデーション選びです。パウダータイプよりもリキッドやクリームタイプの方がより肌の潤いを守り、乾燥を防ぐ効果が高いです。また、下地は保湿効果がより高い“しっとりタイプ”を選択するとよいです。

■3:温かい飲み物をデスクに置く

マグカップに紅茶やコーヒーなど温かい飲み物を常に置いておくと、飲み物から沸き立つ湯気でデスクまわりが加湿されます。実際に飲まなくても、コップにお湯やお水を入れてデスクに置いておくだけでも効果的です。

■4:卓上加湿器を使用

しっかりと加湿したい、という人におすすめなのは卓上加湿器です。最近は、手のひらに収まるサイズのUSB卓上加湿器が多数、店頭に並んでいます。価格も手ごろなので、気軽に取り入れることができますよ。また、電源を必要としないペーパー加湿器も、人目を気にせず使用できるのでおすすめです。

■5:乾燥する前に美容液をオン

乾燥してきたかも……と感じたら、メイク直しのときに美容液や乳液を気になる部分にトントンと軽く叩き込みます。広範囲に伸ばしたり、強く叩きすぎてしまうとメイクがヨレてしまうので、力の入らない薬指でやさしくピンポイントになじませると、ヨレることなく保湿できます。

以上、オフィスでの乾燥対策をご紹介しました。メイクしたてのようなしっとりとツヤのある肌を一日中キープしてくださいね。

【関連記事】

※ たった半分食べるだけで「カサカサ乾燥肌を撃退」できる魔法の食材

※ 「働く女性」が一気に老ける!オフィスで禁断のNG習慣7つ

※ 絶対避けたい「ぼってり太もも」になるオフィスでのNG習慣4つ

※ 「夕方お疲れ顔」をパッと明るくさせる魔法のメイク直し術

※ クサッ!服についた「ランチの臭い」をなかったことにする方法

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング