急いで伸ばしたい人必見!「髪の成長を早める」超簡単な習慣6つ

美レンジャー / 2014年2月16日 12時0分

写真

「髪を切りすぎてしまった」「アレンジをするために、もう少し長さが必要」などの理由から、髪を早く伸ばしたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか。とはいっても、髪は1ヶ月に0.6~1.3cm前後しか伸びないというのが一般的。

今、「時間が経つのを待つしかない」と半ば諦めかけたそこのあなた! 髪を早く伸ばすためのテクニックがあることをご存じですか?

■1: 亜鉛を摂る

髪はケラチンというタンパク質でできており、このタンパク質を合成するためには亜鉛が欠かせません。豆乳や豆腐、納豆、牡蠣、あさり、ナッツなどから亜鉛を摂取しましょう。

ただし、亜鉛の過剰摂取は免疫を低下させるなどの副作用を起こしますので、1日に7~10gを目安にしてください。(生牡蠣100gに対し亜鉛は約13mg、納豆100gに対し亜鉛は約2mg)

■2:頭皮マッサージをする

頭皮のコリや毛穴の詰まりは、髪の成長を遅くします。シャンプーをするとき、指の腹を使って頭皮全体を揉みほぐしてあげましょう。

■3:ツボを押す

発毛に効果的なツボは下記の二つです。

(1)百会

両耳と鼻の延長線上の頭のてっぺんにあるツボ

(2)天柱

首の後ろの髪の生え際にある二本の太い筋肉の外側にあるツボ

■4:ドライヤーの温風は控えめに

ドライヤーの温風は、毛根から皮脂や汗を分泌させ、髪の成長を妨げます。髪が8割ほど乾いたら、冷風に切り替えましょう。

■5:ストレスを溜めない

ストレスが溜まっていると、全身の血液循環が悪くなります。頭皮の血液循環が悪いと髪の成長が遅くなるので、自分に合ったストレス解消法を見つけ出しましょう。

■6:良質な睡眠をとる

髪の成長にも関係がある成長ホルモン。成長ホルモンを分泌させるためにオススメの入眠時間は、22時~2時。この時間に寝つくことで、朝起きるまでに成長ホルモンの分泌がピークを迎えることができるのだそう。

『美レンジャー』の過去記事「夜グッスリ眠るためにやってはいけない就寝前NG行動8つ」を参考に、質の良い睡眠をとるための工夫をしましょう。

いかがでしたか? 上記6つのテクニックを習慣にすれば、美しい髪が早く伸びるはず。ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 知らないと髪ゴワゴワに!海外旅行で陥りやすいヘアケアトラブル

※ 女性に急増中の「髪ヤケド」を回避する正しいドライヤーの使い方

※ 白髪よ…さようなら!毎日続けられるたった3つの予防習慣とは

※ 残念なくらい「老け顔」になっちゃうNGなドライヤーのかけ方

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング