受験ラストスパートを支える「受験生の母」がやるべきこと3つ

美レンジャー / 2014年2月4日 11時0分

写真

受験シーズンまっただ中。センター試験が終わり、ラストスパートをかける受験生の多くは試験当日に実力を100%発揮できるよう取り組む反面、漠然とした不安を抱えています。そんな受験生の不安をぬぐいさるためにも、家族のサポートは欠かせません。

がんばる我が子のために何かしたいけれど、自分が代わりに勉強するわけにもいかない……とやきもきされている母親のみなさんは、食事面・健康面からのサポートをしてみてはいかがでしょうか。

今回は、受験生を持つ母親のみなさんにおすすめのサポート方法をご紹介します。

■脳の働きを活性化する食事でサポート

バランスのよい食事に加えて集中力をアップさせ、脳の活性化につながる栄養素の摂取も有効です。たとえば以下です。

(1)ブドウ糖

脳は考えることでブドウ糖を大量に消費します。脳の活性化にはブドウ糖が欠かせません。お米、パン、めん類などに多く含まれているので主食をしっかりとることが大切です。

(2)カルシウム

気持ちの落ち着きや集中力を高める効果があります。牛乳、チーズをはじめとした乳製品、わかめなどの海藻類にも含まれます。小魚にも多く含まれるので、フードプロセッサーで細かく砕いて自家製ふりかけにするのもおすすめです。

(3)たんぱく質

脳の1/3以上はたんぱく質でできており、たんぱく質をしっかり摂取することで脳の働きが良くなります。大豆製品、卵、魚類、肉類に多く含まれます。カルシウム豊富な海藻類を入れたお味噌汁を食事に加えると効率よく栄養がとれるのでおすすめです。

■インフルエンザ徹底予防で健康面をサポート

今の時期は多くの地域で気象庁から乾燥注意報が発表されています。空気の乾燥はインフルエンザに感染しやすい環境につながります。受験生の感染は絶対に避けたいところですよね。しかしながら、手洗いやうがいを習慣化していても、意外な盲点から感染してしまうことも……。

ウイルスは洋服にたっぷり付着していることもあります。せっかく手洗いうがいをしても、服についたウイルスを触っては意味がありません。重要なのは、外からのウイルスを室内に持ち込まないために、衣類や室内の除菌をこまめに行うことです。

そこで、毎日手軽に除菌できる嬉しいアイテムをご紹介します。

■衣類だけでなくお部屋まるごとインフルエンザ対策を!

 消臭・除菌効果のあるスプレーとして有名な『ファブリーズ』。耳にしたことがあるという人や使ったことがあるという人も多いかと思います。そんな『ファブリーズ』には第三者機関(北里環境科学センター)を通して、99%以上のインフルエンザウイルス除去効果(※1)も確認されています。

受験生が毎日身につけるマフラーや手袋、制服の除菌、そして丸洗いが難しいお部屋のソファーやカーペット、ベッドなどの布製品もシュッシュッとスプレーするだけでウイルスの除菌ができます。

毎日のファブリーズで身の回りのアイテムの除菌をすることも受験生の健康サポートにつながります。受験生をもつ母親のみなさんは、ぜひファブリーズでウイルス除去をしてみてくださいね。

【参考】

※ ファブリーズ受験生応援キャンペーン – P&G

※1 実験条件/綿布上に試験ウイルスを滴下した後、ファブリーズを所定回数スプレーし、所定時間後、綿布上のウイルスの感染価をTCID50法にて測定した。対象ウイルス/インフルエンザウイルス(エンベロープウイルスの1種)

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング