科学者絶賛!ミネラルファンデ「いいことだらけ」の肌効果とは

美レンジャー / 2014年4月2日 11時30分

写真

そろそろ春もののファンデーションに変えようとしている人も多いはず。肌の負担にならないことで人気のミネラルファンデは、実は“塗らない”よりも“塗ったほうが肌によい”ということをご存じでしたか? 負担にならないだけでなく、肌へのスキンケア効果が高いのです。

ここでは、科学者でミネラルブランドMiMCの創始者である北島寿さん著書の『科学者が考える、リアルオーガニックライフ』から、ミネラルファンデの肌効果についてご紹介いたします。

■1:収れん作用

ミネラルファンデーションに配合されている酸化亜鉛は、亜鉛華軟膏やサトウザルベといった医薬品の原料にもなっているメジャーな成分。高い収れん効果が期待され、やけど治療から肌の引き締めまで、たくさんのシーンで使われています。

■2:消炎作用

また酸化亜鉛には、ニキビや肌荒れなどを抑える効果もあります。レーザー治療後などの炎症がある肌でも使えるメイク製品として使われるほどです。

■3:低アレルゲン

防腐剤や着色料、香料、界面活性剤など、コスメを作るときによく使われる便利な成分は、アレルギーを引き起こす物質になりやすいのも事実。ミネラルファンデにはそういった原材料を含んでいないので、敏感肌でも使えるほど肌に優しいのです。

■4:高いUVカット効果

ミネラルファンデの材料となる酸化チタンと酸化亜鉛は紫外線反射剤となる唯一の原料です。日焼けだけでなくシミやシワの原因となるUVA、UVBをさえぎる作用が高く、しかも肌にとって安全です。

■5:石けんでの洗顔が可能

シリコンなどを使用していないので、カバー力がありながら石けんのみの洗顔で落とせるほど。肌にも残らないので、不要なトラブルは避けられます。

実際にミネラルファンデを使ってみると、肌トラブルが減ること、ちょっとしたことで揺らぎにくくなると実感できるでしょう。そしてなんとってもその仕上がりの良さに驚くはず。

実際、従来のパウダータイプだけでなく、プレストタイプ、リキッドタイプなどさまざまな形状のものが生まれて、使い勝手が格段に良くなっています。

 【関連記事】

※ 男が触りたくなる滑らか肌に変わる「傑作ファンデ」3つ

※ 美しすぎる30代!「井川遥」風ナチュラル美人まねっこメイク

※ 今さら聞けない美容常識「CCクリーム」って結局どうなのよ!?

※ 公害ならぬ「香害」被害急増中!? 大人の香りNGマナーまとめ

※ 美肌県1位は島根県!TOP3の県に共通する「美肌の秘訣」とは

【参考】

※ 北島寿(2013)『科学者が考える、リアルオーガニックライフ』(ハースト婦人画報社)

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング