同性だって惚れちゃう!セレブに学ぶ「男前な女性」の魅力とは

美レンジャー / 2014年4月4日 11時30分

写真

女性だって時には、男性のように大きな決断をしたり、自らの強い信念を表現すべき時があります。たくましい女性は、人を惹きつけてはなさないはずです。そんな“男前な魅力たっぷり”の女性をセレブたちから学んでみましょう。

■1:歌唱力でスキャンダルを一蹴したビヨンセ

オバマ大統領2期目の就任式で国歌斉唱を披露した、歌姫ビヨンセ。そのパフォーマンスに口パク疑惑が浮上し、噂は一気に世界中を駆け巡りました。

その後、別の記者会見に彼女が表れた時のこと。会場に現れたビヨンセは記者たちに起立するよう求め、いきなり国歌を歌い出したのです。もちろん正真正銘の生歌。

大統領就任式では重要な場にも関わらず、十分な練習時間や音響チェックができないことから、事前に収録したものを使ったとあっさり容認。しかしこれまで騒いでいた記者たちの目の前で、圧倒的な歌唱力を見せつけたのです。一種のスキャンダルを一蹴してしまった、なんとも男前な行動です。

■2:乳房切除を決意したアンジーの勇気

映画では惜しげもなく脱いで、セクシーな役柄もこなす、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー。そんなセックスシンボルが両乳房を切除。彼女は自身の母親を卵巣がんで亡くしており、叔母は乳がんになっています。そんながんの家系で、乳がんにかかるリスクを軽減させるために、両方の乳房を切除するという決断をしました。

乳がんと診断されていない、しかも有名女優が自ら胸の手術を受けた選択はセンセーショナルでしたが、世界中の女性が、がん検診の大切さやがんと向き合うことへの勇気をもらったことは確かでしょう。

■3:日本への愛を貫いたガガ様

東日本大震災が起き原発問題が浮上するやいなや、すぐに祖国へ帰る外国人、遠い場所へ引っ越す人が相次ぐ中、歌姫レディー・ガガは訪日を実行。放射能の危険がさかんに報道され、ライブ予定を中止した海外アーティストもいる中、わざわざ日本に足を運んだガガの行動力には、勇気をもらえたはず。

彼女は、震災直後に自身がデザインしたブレスレットで募金を呼びかけ寄付も行っています。

ここで紹介したものは、真似するにはあまりにもビッグすぎるかもしれません。ただ、彼女たちの勇気ある行動に、「しとやかにしているだけが女性の魅力じゃない」と思ったはず。そんなパワーを私たちも身につけられるといいですね。

【関連記事】

※ ジェニロペがホームレスだった!セレブに学ぶ勝ち組みになる方法

※ 住谷杏奈に学べ!イケてない彼を中身までイケメンに改造するテク

※ 10日で−4.5キロの記者が証言!最も効果のあるセレブ減量法とは

※ 彼氏や旦那を「実質無料」で男前に格上げする方法があった!

※ 米セレブが産後20kgも減量した「食べながら痩せる」ダイエット

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング