たったこれだけ!1週間の「●●断ち」で驚くほど美肌になる方法

美レンジャー / 2014年5月12日 21時0分

写真

大切なイベントの前に目立つ吹き出物……凹みますよね。

吹き出物には、スキンケアと同じくらい食事が影響します。肌によいものを取るのと同時に、“肌に悪さをする食品”を摂らないようにすることが大切です。では、どんな食品がNGなのでしょうか?

■避けたい3種類の食品

肌への悪影響があるのは、動物性脂肪、砂糖、お酒の飲み過ぎの3つ。これを1週間断ち、抜いてみることで、肌がキレイに保たれ肌トラブルが軽減するとされています。

肉の脂身や乳製品、または揚げ物、ドーナツ、ポテトチップスなどで摂取する油分は、皮脂の分泌を増やしてしまいます。また、お菓子やケーキなどに含まれる砂糖の摂り過ぎも、肌に悪影響を及ぼします。これらは、皮膚がベタつき、肌の上で空気に触れて酸化しやすくなるため、吹き出物や毛穴目立ちの原因になるのです。

アルコールの飲み過ぎも腸内の悪玉菌を増やし、身体の免疫力を落とすので、肌に吹き出物が出やすくなります。免疫力が落ちていると、吹き出物も治りにくくなって、シミになってしまうかもしれません。

■まずは1週間トライ!

摂り過ぎると肌に悪影響をもたらす、これらの食べ物を1週間一切食べず、飲まない生活をしてみます。

禁酒し、肉は魚や大豆製品に置き換えます。甘いものは摂らずに、おやつはナッツやカカオが高配合のチョコやフルーツにするとよいでしょう。煮物など和食でも食事に砂糖が使われることがあるので、それらもしっかり避け、紅茶やコーヒーも砂糖やミルクを足さずに飲みます。

ただし、その代わりに野菜や果物、発酵食品を多く摂るようにして、食事の総量が減ってしまわないように注意してください。

イベント前でなくても、肌トラブルは即効で治したいもの。これらの食品を意識的に避けてみることで、肌の調子が整い、肌トラブルの治りが早くなります。

またどれか一つずつ減らしてみて、肌の変化がつかめれば、普段自分が余分に摂取している、減らすべきものも分かってきますよ。お試しあれ!

【関連記事】

※ 【動画あり】顔型別にコツあり!あか抜けポニーテールで小顔になる

※ 食べ過ぎをなかったことに!翌日にやるべき簡単リセットテク5つ

※ 知らないと手遅れ!「残念なお尻」の女性が多い本当の理由

※ 朝食だけじゃもったいない!栄養満点シリアルを使った夕食レシピ

※ 人間ドックで異常なし!「日本一健康な地方」は●●だった

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング