着方をチョコッと変えるだけ!「手持ち服で最旬コーデ」を作る技

美レンジャー / 2014年4月24日 14時0分

写真

雑誌、店頭には春らしい洋服が並び、つい流行りのアイテムが欲しくなりますよね。予算と相談しながら少しずつ買い足していく女性も多いかと思います。しかしアイテムが揃う前に、昨年と同じ洋服で同じ着回しをしていてはまわりから時代遅れ……と思われてしまう可能性も。

そこで今回は、手持ちの洋服やアイテムの使い方を少し変えるだけで、旬の雰囲気を作り出すコツを3つご紹介します。

■1:カーデの場所は肩から腰へ

昨年の夏から秋にかけて、カーディガンを肩に掛ける”プロデューサー巻き”という肩掛けコーデが流行しました。そのため、カーディガンの色やバリエーションを増やすために、買い足した人も多いかと思います。そのカーディガンを活かして今年風のコーデを作ります。

肩に掛けていたカーディガンを、腰に巻くことで今年風に仕上がります。チェックのシャツと合わせてカジュアルに着こなしたり、ワンピースのウエストアクセントとしても効果的です。

ウエストほっそり効果やヒップのカバーもできるので、ぜひ試してみてください。

■2:シンプルシャツはビジューネックレスでアクセント

シンプルなシャツは誰もが一枚は持っているアイテム。シンプル過ぎてあまり着る機会がないなという人も、今春はビジューネックレスをはじめとした、大きめアクセと一緒にコーディネートしてみてください。

ボタンは上まで留め、ビジューアクセをシャツの上からつけることで、一気に今年らしい着こなしになります。白シャツ、カラーシャツ、ダンガリーなど幅広いシャツで楽しむことができます。

パールのネックレスで代用してもまた違った可愛らしさにつながりますよ。

■3:バッグの持ち方ひとつでこなれ感を演出

「いつものバッグに飽きてきたな……」と感じている人は、バッグの持ち方を変えてみてはいかがでしょうか。おすすめは持ち手に腕を通してバッグ自体を抱え込む、”ビッグクラッチ風”の持ち方です。

一気にこなれ感が出て、おしゃれな雰囲気になります。同じバッグでも、持ち方ひとつで違った雰囲気を演出できます。

手持ちのアイテムで、旬の雰囲気を作り出すコツを3つご紹介しました。全アイテムを買い替えなくても、手持ちのアイテムで今年らしさを演出することができます。新旧アイテムを上手に使って、旬の春コーデを楽しんでくださいね。

【関連記事】

※ 目からウロコ!ちょこっと意識するだけで美脚に見える簡単なコツ

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

※ 着やせには程遠い!「太って見えちゃう」悲しいニットの特徴5つ

※ ダサ~い「透けブラ」を防ぐにはおばさんベージュよりあの色!?

※ デニムはもう時代遅れ!今年センスが光る進化系BBQファッション

美レンジャー

トピックスRSS

ランキング