しみやそばかすを助長する!放置はマズイ「冷えと血流の悪さ」

美レンジャー / 2014年4月26日 11時0分

写真

しみやそばかすの原因といえば、真っ先に思い浮かぶのが紫外線。毎日、日焼け止めを塗るという行為はもちろんですが、それ以外にもしみを助長させているのが、血流の悪さなのです。

一年中冷えに悩む女性は特に必読してほしい、冷えとしみの関係をお話します。

■血流が悪いと何故しみに関係するの?

血液の流れが悪いと、血液にのって運ばれる酸素や栄養素が、全身の様々な部位にあまり行き渡らないということ。それによって肌細胞が新しく生まれ変わるタイミングが遅くなり、肌のターンオーバーも通常より時間がかかってしまうのです。

肌のターンオーバーでは、皮膚の一番上にある角質細胞がはがれ落ち、内側から生まれてきた新しい細胞に代わるのですが、これが遅くなってしまうといつまでも古い角質細胞が皮膚表面に残ってしまいます。

■肌のターンオーバーができないとメラニンが沈着

しみは、そもそも表皮の一番内側にある基底層でメラニンが合成されることから起こります。血流がよく、常にお肌に新鮮で十分な栄養が届けられていればよいのですが、そうでないと、このメラニンがますます沈着してしまうというわけ。

冷え症の方や血流の悪い方が、肌がくすみ、顔色がさえなく見えるのは、同じことが原因です。

■入浴とフェイスマッサージが有効

毎日バスタブで身体を温めて、お腹や足先などの冷えを解消することはもちろんのこと、フェイスマッサージも有効です。

その際は、心臓から顔の方まで流れてきた血液が首で滞ってしまわないようにすることがポイント。特に両耳の後ろから首筋を通って、鎖骨までのリンパの流れを促してあげることに留意するとよいでしょう。

血流の悪さから引き起こされる身体の悩みといえば、冷え性、肩こりや生理痛、頭痛、免疫力の低下などが挙げられます。血流としみ、一見あまり関係がないように思われるかもしれませんが、身体の細胞がいつも元気でいることが美しくいられる条件です。最近、しみやそばかすが目立ってきたと感じている方は、ぜひ血液や代謝について見直してみましょう。

【関連記事】

※ 【動画あり】正面だけキレイはNG!「横顔美人になる」メイクテク

※ 【動画あり】メイクだけでは足りない!美人度を上げる「美肩」の作り方

※ 出ない苦しみを何とかしたい…すぐできる便秘の解消法【美容食特集】

※ なんとお風呂に浸かるだけ!風邪&冷え予防アロマ3選

※ テレビCMが教えてくれない「サプリメント」の正しい知識【美サプリ特集】

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング