ボディ用UVは顔にも使える?今さら聞けない日焼け止めの疑問3つ

美レンジャー / 2014年5月13日 16時0分

写真

紫外線が強くなってきましたね。みなさん、UV対策はバッチリでしょうか。長年、続けているであろうUVケアですが、「ボディ用のUVって顔に使えるの?」「紫外線吸収剤は肌に悪いの?」と、よくわからないまま放置している疑問はありませんか?

今回は、今さら周りには聞けない、日焼け止めの疑問3つにお答えしていきます。

■1:ボディ用UVは顔にも使える?

ボディ用の日焼け止めを顔に塗ると、問題はあるのでしょうか。フェイス用とボディ用の違いは、主に伸びのよさ。広い面積に伸ばすボディ用は、フェイス用と比べてなめらかに伸びるように作られています。一方フェイス用は、メイクがのりやすいようにできているのです。

使用感や仕上がりの面で、ボディ用とフェイス用はきちんと使い分けた方がよいといえます。

■2:紫外線吸収剤には害がある?

日焼け止めに含まれるUVカット剤には、大きく分けて紫外線吸収剤、紫外線反射剤の2つがあります。前者は、しばしば紫外線を吸収する際の化学反応でアレルギーが起きやすいため、肌によくないといわれます。しかし、一概には肌に害があるとはいえません。

成分が肌に合う、あるいは合わないは、人それぞれ。紫外線吸収剤で肌が荒れない人が、紫外線反射剤で荒れてしまうこともあるようです。あらかじめ自分が使う日焼け止めに、どちらのUVカット剤が使われているかを確認し、トラブルが起きないかチェックしておきましょう。

■3:SPF25+SPF30=SPF55?

ファンデやフェイスパウダーにも、UVカット効果があるものがあります。その場合、紫外線カット効果はどれくらいになるのかと思う方も、少なくないでしょう。

日焼け止めがSPF25で、ファンデがSPF30の場合、SPF55にはなりません。単純な足し算ではないのです。しかし、UVカット効果があるものを重ねることで、日焼け止め効果はアップします。

デイリーならSPF30の日焼け止めや下地だけで十分といわれますが、汗や皮脂で落ちやすいもの。ファンデやパウダーもUVカット効果のあるものを使用し、上からお直しをするのがベターです。

紫外線が強く厳しくなるこれからの季節に向けて、ぜひ上記も参考に日焼け対策をしてみてくださいね。

【関連記事】

※ 毛穴対策に泡洗顔はNG!? 超意外な落とし穴とは

※ 結局どっち?「Tバックはお尻が垂れるのか・垂れないのか」を検証

※ 【動画あり】男性ウケ抜群!老けて見えない「すっぴん風メイク」の正解

※ あなたのブライトニングケアは弱すぎる!? シミ知らずになるための本格ケア法とは

※ 頑張るほどおブスに!? 意外とみんな間違ってる「勘違い美容」3つ

美レンジャー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング