見逃しちゃダメ!働き女子の「ストレス溜まりすぎ」を示す4つのサイン

BizLady / 2014年11月12日 11時45分

写真

朝から晩までプレッシャーの大きな仕事に追われる日々。

エクササイズや健康的な食生活で対処していても、頭をかきむしりたくなるほど。ふと気づくとストレスが溜まっている、なんてことも多いかもしれない。

でも「コレも働く女の運命か……」などとストレスを溜めたままでは、そのうち爆発してしまう。ストレスのサインをしっかり見分け、自分なりの方法で上手に対処したいものだ。

そこで今回は、英語圏の健康・美容情報サイト『Life by DailyBurn』の記事を参考に、“ストレスが溜まりすぎている”ときにあらわれるサインを紹介する。

病気になるなど手遅れにならないうちに、気づいて正しく対処しよう。

■1:集中力に欠ける

これまで脇目も振らずバリバリ仕事をしてきたのに、「最近どうも集中できずに、仕事もなかなか終わらない……」などという状態に陥っていないだろうか?

もしそうなら、ストレスが原因となっている可能性もある。

ストレスが溜まり、それに対応しようと、ストレスホルモンと呼ばれる“コルチゾール”が大量分泌されると、脳内で記憶を司る部分に悪影響が出て、集中力や記憶力に欠けるようになるという。

友人の名前が突然思い出せなくなったり、顧客の電話番号がスラスラ出てこない、という場合も要注意だ。

■2:なかなか寝付けない

ベッドに入っても、仕事中のできごとが頭の中でフラッシュバック。

「明日はプレゼンだ! どうしよう」「●●さんに失礼なこと言ったかしら?」などと悶々と考えて、なかなか眠れない……ということはないだろうか。

こんな場合、“うつ”や“不安神経症”の可能性もあるので、健康を損なわないうちに、早めに医師に相談を。

■3:常に頭や首、背中が痛む

ストレスが溜まりすぎると、体調に異変が発生する場合もある。なかなか治らない頭や首、背中の痛みなどもストレスが原因かもしれない。

理由に覚えがないのに体の一部が強く痛み、なかなか治らずに仕事や私生活に支障が出ている場合は、病院へ直行しよう。

■4:微妙な体調の悪さが続く

仕事を休むほどでもないが、朝起きても、食事をしても、友達や彼氏といても、なんとなく体調が優れない毎日。

「病気じゃないと思うけど、調子が悪い」「いつも疲れている」という状態に覚えはないだろうか。

そんなときは、仕事のストレスやプレッシャーで体が対応できなくなっている場合もある。記事によると、このようなときは感染症にもかかりやすくなるため、無理をせずまずは自宅でゆっくり休養することをお勧めする。

それでも改善しない場合は、病院できちんとした診断を受けよう。

以上、働く女性のストレスが溜まりすぎているサインを4つ紹介したが、いかがだろうか?

「ストレスは溜まっているし、体調も悪いけど頑張らなきゃ……」という気持ちもわかるが、あなたの体が第一。

ストレスが溜まっていては、終わる仕事も終わらなかったり、失敗したりといいことはない。

まずは体調を整えることを先に考え、有給休暇を取るなどしてストレスを発散し、心のお洗濯をしたいものだ。

BizLady

トピックスRSS

ランキング