チェックされるのはココ!「女性同士」の初対面で嫌われない3つの秘訣

BizLady / 2014年11月15日 17時0分

写真

仕事で新しい人と出会う時に、なにより重要なのが“第一印象”だ。とくに女性同士の場合は、その後いい人間関係を築くためにも、第一印象で嫌われることは絶対に避けたい。

ではいったい、“初対面の相手が女性”の場合に、最初からいい印象をもってもらうには、どこに気をつければいいのだろうか?

女性むけの映画情報サイト『トーキョー女子映画部』が、海外TVドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』にちなんで実施したアンケート結果から、女性が初対面のとき、同性の相手のどこをチェックしているのか判明した。

そこで今回は同調査結果を参考にして、“初対面の相手が女性”の場合に、第一印象で好印象をゲットするための秘訣を3つお伝えしよう。

■1:顔や表情

女性が同性をチェックするときに、最も気にしているのは、顔や人相だそう。

話しやすそうな雰囲気かどうか表情で判断したり、目に性格が出るものとしてチェックしている人もいるようだ。

初対面の相手と会う時には、微笑むような笑顔を心がけ、話しかけやすい雰囲気を心がけるといいのではないだろうか。

■2:身だしなみ・清潔感

次に第一印象を決定するものとして、身だしなみや清潔感が挙げられている。

同性同士だと、上品さや清楚さをチェックしている人もいるようだ。

気心知れた相手と会う場合と異なり、初対面の同性が相手である場合には、服装はシンプルで上質なものを心がけ、あまり派手にしないほうが賢明だろう。

■3:言葉遣いや態度

そして言葉遣いや態度に対しても、同性の目は異性以上に厳しいようだ。

言葉遣いが乱暴だったり、横柄な態度だと受け取られると、会話の円滑さにも影響してくる上に、育ちが悪いとも思われかねない。

女性らしく正しい言葉づかいを心がけ、相手の立場に立った立ち振る舞いができるように気をつけておこう。

以上、初対面の女性同士での印象アップに繋がる秘訣を3つご紹介したが、いかがだろうか。

その後の仕事を円滑に進めるためにも、互いの第一印象を良くしておくことは、働き女子として非常に大切なことといえるだろう。

男性からの目線と異なり、特に女性同士の場合には、洋服のセンスや言葉づかいを厳しくチェックしている傾向があるようなので、これらの点にもじゅうぶん気をつけるようにしておこう。

BizLady

トピックスRSS

ランキング