万能すぎる!オフィスに「ココナッツオイルを常備すべき」3つの理由

BizLady / 2014年11月29日 17時0分

写真

美容や健康に効果バツグン!とここ最近、爆発的人気のココナッツオイルだが、あなたも使っているだろうか?

時短美容研究家である筆者も、エキストラバージンココナッツオイルを常備し、色々なことに活用しているが、実はこのオイル、働き女子が会社に1瓶常備しておくと様々なことに使え、とっても優秀なのだ。

今回は、海外情報サイト『Wellness MaMa』『Medical dairy』の記事も参考にして、自身も愛用している筆者が、早速その理由と活用法を3つご紹介していこう。

■1:食品として

ココナッツオイルはコレステロールの値を下げる働きや、アルツハイマー病の予防などの効果があることが知られている。

パンなどに塗って食べたり、オフィスでコーヒーを飲むときにスプーン1杯入れてみると、コクが出て美味しい。美容健康の面からも、ミルク代わりにココナッツオイルを入れてみてはいかがだろうか。

また、中鎖脂肪酸が代謝を高めるので、ダイエット効果も期待できるようだ。

■2:美容アイテムとして

ビタミンEを多く含み、保湿効果も高いとされているので、1瓶あれば様々な用途に使うことができる。

メイク直しのリムーバーとして、下まぶたに落ちてしまったアイライナーを直したり、乾燥が気になるときに肌に塗り込んだり、ネイルオイルとして爪のキューティクルに、さらには髪の乾燥が気になるときにはヘアオイルにも使えるのだ。

もちろんボディにも使えるし、美容アイテムとして大活躍なのでオフィスに常備しない手はないだろう。

■3:応急グッズとして

抗菌性や抗ウィルスに効果があるラウリン酸を含むので、靴擦れが痛むときや、紙で手を切ってしまったとき、うっかり火傷をしてしまったようなときにもココナッツオイルが使える。

筆者は先日、ライトに手が当たり軽い火傷をしてしまったのだが、このときにもココナッツオイルを塗ることで痛みが引き、便利だった。

靴擦れや切り傷には、直接ココナッツオイルを擦り込めばOKだ。

以上、働き女子のデスクに常備しておきたいココナッツオイルの活用術についてご紹介したが、いかがだろうか?

ちなみに、ココナッツオイルであればなんでもいいということではなく、化学処理をしていないという意味の“エキストラバージンココナッツオイル”をチョイスする必要があるので、覚えておこう。

オフィスで突発的に何かが必要になったとき、ココナッツオイルがあれば何かと切り抜けられる可能性が高い。ぜひ常備しておいてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング