罪悪感は無用!「仕事中の間食」が働き女子にもたらす驚きのメリット2つ

BizLady / 2014年12月4日 21時0分

写真

仕事中に小腹がすくと、ついつい手がのびてしまう間食。

「うわぁ~、また食べちゃった……! ダイエットも失敗かなぁ」と、自己嫌悪に陥ってしまう働き女子も少なくないだろう。

でも実は、上手に間食する習慣をつければむしろ、恋愛や健康にいい効果をもたらしてくれる驚きの事実を、みなさんはご存知だろうか?

今回は、『ソイジョイ』PR事務局が全国の18歳から39歳の独身男女600名に対し実施した「間食に関する調査」結果から、働き女子が積極的に“間食”したほうがいい理由を2つお伝えしていこう。

■1:上手に間食する人ほど恋愛経験が豊富

間食は小腹を満たす他に、気分転換やリラックスのメリットが挙げられるが、なんと上手に間食している人ほど、恋愛上手でもあることが判明した。

同発表によると、恋愛が順調な人ほど上手な間食習慣を取り入れていて、ナッツ・ドライフルーツ類、カップスープ、春雨スープなどを食べている女子の44.4%が、「結婚を前提に交際・順調に交際をしている人がいる」と回答。

反対に、結婚を前提の交際や順調な交際ができていない女子が選びがちな間食は、ラーメンやうどん、飴やガムという結果になっている。

健康や美容に気遣ったおやつを食べている女子ほど、恋愛もうまくいっているという関係が浮き彫りとなっているといえるだろう。

■2:間食上手は医療費が低い傾向も

さらに同調査では、積極的に間食を活用している人は、間食を取らない人と比較して、ストレスを感じる割合が約10%も下がることが判明。

なんと驚くことに年間の医療費平均額も、間食する人のほうが、しない人よりも1万円以上安いそうだ。

もちろん食べすぎは肥満の原因にもなるのでご法度だが、適度な間食は健康面にも、プラスの作用をもたらしてくれることがわかる結果となっている。

以上、働き女子は積極的に“間食”したほうがいい理由を2つお伝えしたが、いかがだろうか?

仕事中の気分転換やリラックスは、メンタル面を考えても非常に大切だが、恋愛や健康にまでいい働きをしてくれるなんて、驚きだったのではないだろうか。

ただし、スナック菓子や甘すぎるスイーツなどを頻繁に食べていては、期待する効果も得にくいとされている。

働き女子のおやつとしては、不足しがちな栄養素を補給できるものや、食べ応えがあって腹持ちのよいもの、食物繊維が豊富なものなどを選ぶようにして、ぜひみなさんも間食の嬉しい効果を実感してみてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング