放置はヤバい!アレが大きいと「お通じに悪影響」が出ることが判明

BizLady / 2014年12月14日 17時0分

写真

ひとくちに“働く女性”といっても、経営者、OL、フリーランサーなど、その働き方は多様だ。

それぞれの仕事によって、働き方にも違いがありそうだが、なんとグリコ乳業株式会社が実施した「働く女性のスッキリ大調査」によると、毎日の“お通じ快適度”と女性の働き方の関係に、ある傾向があることが判明したのだ。

今回は、仕事とお通じの意外な関係について、ご紹介していこう。日頃のお通じに悩みに、意外な原因が隠されているかもしれない!

■1:重いストレスを感じているのはOLが多い傾向に

同調査で、仕事でストレスを感じていると回答した女性は、約70%にものぼる。

その内訳をキャリア別に見てみると、OLが75%、女性社長が65%となっていて、OLのほうが日々のストレスを感じているという結果が出たようだ。

さらに細かくストレスの度合いを見てみると、ストレスを「とても感じている」と答えたのは、OLが31%、女性社長が22%で、その差は約1.4倍にもなるとのこと。

仕事の重圧が大きそうなイメージのある女性経営者だが、実際にはストレスを感じている人はOLより少ないようだ。

■2:仕事のストレスがお通じにも影響

興味深いのは、お通じとストレスの関係だ。

同調査で、仕事のストレスを「とても感じている」と答え、かつ「おなかの調子でとても悩んでいる」と答えた人は、女性全体で39.1%になる。

一方で、「ストレスをまったく感じていない」と答え、かつ「おなかの調整でとても悩んでいる」と答えた方は、わずか2.9%しかいないという結果になった。

つまり、毎日のお腹の調子を整えるには、仕事でストレスを抱えない心がけが重要といえる結果なのだ。

以上、仕事とお通じの意外な関係についてお伝えしたが、いかがだろうか?

働き女子にストレスはつきものだが、上手に気分転換を図るなどして、なるべくストレスを抱え込まないよう心がけることが、腸を整える近道にもなるということだ。

お通じでお悩みのあなたには、『BizLady』の過去記事「つらい便秘よさらば!働きながら“快適お通じ”を実現させる3つのコツ」で紹介した便秘解消のための生活習慣を、併せてチェックしてみてほしい。

BizLady

トピックスRSS

ランキング