ヤバ…となる前に!「出してない人からの年賀状」に今から始める対処術

BizLady / 2014年12月30日 12時0分

写真

そろそろ年賀状の季節だが、毎年必ずと言っていいほど、「やばい、この人に出し忘れてた!」という人から年賀状を受け取ってしまう。

大人のマナーとして、なんとか失礼のない形でフォローする必要がある。

そのためには、ただ「遅くなってスミマセン!」ともらったその日に書いて送るというのでは「こいつ、忘れてたな」と思われてしまい逆効果。

今回は、毎年年賀状をあえて遅らせて書くことで却って自らの評価を上げている筆者が、“出していない人から年賀状をもらったときに対処法”についてご紹介する。

■1:予防線を張っておく

まず、今のうちからやっておくべきテクニックがある。

それは「忙しいアピール」である。

SNSなどを中心に「本当に忙しすぎて年賀状書けていないなう……」と弱音を吐いておくことで、きちんと元旦に年賀状が届いた相手には「お、ありがたい」と思わせつつ、出せなかった相手には「まあ、忙しいって言ってたし仕方ないな」と思わせることができる。

■2:あえて遅らせる

いよいよ本番。元旦に届いた年賀状のうち、出すべきなのに出していない人から届いたものを発見したとする。

ここで慌てて書いてすぐに出すのは愚かなミス。むしろ、ゆっくりと眠る。

お餅の味に飽きてきた7、8日ころになったらようやく送ろう。

2、3日に届いた年賀状というのはどうしても「遅れた感」があるが、むしろこのくらい遅くなると「お、まだ(年賀状が)届くか」となんだか年賀状に新鮮味すら感じ始めるのである。

遅らせるなら、徹底的に遅らせよう。

■3:当たり付きの年賀状で送る

もっともっと遅らせて、しかも元旦に届くよりも数倍の効果を得られる方法がある。

それは、小正月付近に発表される年賀状のお年玉(当たりくじ)の結果を見て、なにかしらの景品が当たった年賀状を出してあげることである。

「遅くなってスミマセン、これ記念切手当たってるので使ってください」と一言添えれば、その一年は間違いなく円満だろう。

■4:喪中だった感を出す

年賀状をもらったが、どうしても返したくはない相手の場合には、裏技を使うしかない。

かといって、「喪中」と嘘をつくのは縁起でもなく大人でないため、「喪中感」を出すにとどめる。

「今年こそはみんな元気で生きてよね」と、どことなく「喪中感」を醸しだして、その相手が読んでくれるのを祈ろう。

以上、“出していない人から年賀状をもらったときに対処法”についてご紹介したがいかがだったであろうか。

よく「遅刻はした後が肝心」というが、年賀状もこれと同じことが言えるはずだ。ピンチをチャンスに変えて、新年最高のスター卜を切ろう。

BizLady

トピックスRSS

ランキング