今年こそ変わるために!絶対避けたい「仕事がデキない人」10パターン

BizLady / 2015年1月2日 12時0分

写真

あなたの新年の目標はなんだろうか。働く女子なら、仕事上の目標を立てた人も多いのではないだろうか。

しかし、実は、いかに良い目標を立てようとも、仕事では絶対に成功できないタイプがいる、というのである。

そこで今回は、海外のサイト『Inc.』の記事を参考に“仕事で成功できない10タイプ”を紹介しよう。もし自分が当てはまっている、と思ったらすぐに改めていこう。

■1:いつもベストタイミングを待っている人

ベストなタイミングや、ベストな環境を常に探している人、待っている人は、一生、そのタイミングに出会えないだろう。“思い立ったら吉日”ではないが、思い切って始めることも成功をつかむ大きな要因である。

■2:自分は特別と思っている人

自分だけは特別と思っている人は、熱意と謙虚さと仕事を一生懸命するという心意気がない。当然、そういう人は、成功するはずがないだろう。

■3:何事にも悲観的な人

いつも悲観的で、下を見てばかりでは、そもそもチャンスは巡ってこない。巡ってきたチャンスも、それと気づかずに逃すか、モノにすることはできないだろう。

■4:集中できない人

SNS、チャット、インターネット。仕事中もこういったことに振り回されている人が仕事に集中できるはずもなく。仕事を片手間でやるようなタイプが成功できるはずはないだろう。

■5:心ここにあらずの人

忙しいのか、いつも心ここにあらず、といった感じのタイプである。肝心なところには、不在だったり、人に任せっぱなしだったりと、周りからの信頼感はゼロ。本人はそれに気づいていないことも多い。こういうタイプは、そもそも誰も一緒に仕事をしたくないだろう。

■6:大風呂敷を広げる人

壮大な夢を語り、大風呂敷を広げるタイプは、得てして理想は立派で、素晴らしいのだが、肝心の計画がない場合が多いのである。

■7:誰も信じない人

このタイプは、逆に誰からも信頼されずに、信頼関係を作ることができない。信頼関係が作れない仕事が上手く回るはずはないだろう。

■8:批評家タイプの人

人のことをあれやこれやと言うくせに、自分では何もしない。あなたの周りにもきっといるだろう。もちろん、こういうタイプが仕事で成功することはない。

■9:すぐサボる人

モチベーションが低く、何かというと手を抜いたり、人に振ったり、と全くやる気がないタイプ。仕事で楽して成功することはないのは、お分かりだろう。

■10:目標がない人

仕事における目標、あるいはビジョンがない人も、やはり成功は難しいだろう。少なくとも新年の目標を立てる人であれば、このタイプには当てはまらないとは思うのだが。やりたいことを明確にしたほうが、 そこにたどり着く道にも、早く到達できるだろう。

以上、“仕事で成功できない10タイプ”であったがいかがだったであろうか。この中に、どれか一つでも当てはまるものがあったら、すぐに改めたいところである。

どれにも当てはまらなければ、自信を持って新年に立てた目標に向かって進んでいくと良いだろう。

BizLady

トピックスRSS

ランキング