「あわや職場クラスターか」出社禁止令を無視した課長に向けられた厳しい目

bizSPA!フレッシュ / 2020年7月16日 15時45分

写真

「あわや職場クラスターか」出社禁止令を無視した課長に向けられた厳しい目

 世のサラリーマンたちの働き方を変えてしまった新型コロナウイルス。緊急事態宣言中は出社禁止という措置を取っていた会社も少なくありませんでしたが、解除後も出社勤務と併用する「まだらテレワーク」を続けている企業が多いようです

電車を待つビジネスマン

画像はイメージです(以下同じ)

◆社員の出入りが禁止になるが…

「ウチの会社も3月下旬から2か月近くの間、テレワークでした。ただし、最初のうちは出社禁止になっていなかったので、自主的に出勤してオフィスで仕事をしている人もいました」

 そう話すのは、産業機械メーカーに勤める鈴木恵和さん(仮名・29歳)。しかし、緊急事態宣言が出されると会社側は、本社や支社、営業所への社員の出入りを全面禁止に。これによってオフィスで仕事することはできなくなったわけですが、それを無視して会社に出勤していた人物がいたそうです

「直属の上司である課長です。本社や支社は簡単に出入りできないようになっているのですが、私たちの職場は雑居ビルの中にある小さな営業所。課長はカギを持っているので、会社がいくら出社禁止にしてもオフィスに入ることができます」

◆オンライン会議の背景がおかしい

ノートパソコンとビジネスマン ボディーパーツ

「実は、オンラインの会議や打ち合わせの際、課長の背景がどう見てもオフィスの会議室っぽかった(笑)。もちろん、それを直接聞いたりはしませんでしたが、部署の仲間とは『絶対会社にいるよね』って課長が参加していないグループチャットで盛り上がっていました」

 それでも仕事自体に支障はなく、課長に対する恨みなどもなかったため、鈴木さんも同僚たちも見て見ぬフリをしたとか。

「パワハラをするような方じゃないですし、基本的にいい人。子供が4人もいて、『家にいても落ち着かない』って話していたことがあり、自宅でテレワークできる環境じゃないから会社に来てるのかなと思ったんです」

◆部長に指摘されてしどろもどろに

出社する上司

 ところが、ある日突然、課長が無断出社していることがバレてしまいます。

「本社の営業部長がウチの営業所のオンライン会議にいきなり途中参加してきたんです。それで課長に向かって『君だけどうして会社にいるんだ』って。このときの課長、誰が見てもテンパってるのがバレバレで、笑いそうになるのを必死にこらえてました。『そ、そ、それは……』と言いかけたまま沈黙。

 しばらくの間があって、ようやく出てきたのは『どうしても会社に来ないと処理できない業務がありまして……』との言い訳。ここでオンライン会議は中断となり、そこからの具体的なやりとりはわかりませんが会議再開後の課長は憔悴しきっていたので、部長にこってり絞られたんだと思います」

 直属の上司がさらに上の人間から怒られるという光景を目にして、「見ちゃいけないものを見たような気がして、課長に対してものすごく気まずかった」と鈴木さん。

 課長はそんな空気を察したのか、オンライン会議から部長が退出した後、「恥ずかしいところを見せて申し訳ない」と無断出社していたことを謝罪。自宅だと仕事に集中できないため、会社に来ていたと説明したそうです。

◆出社禁止を破っても罰則なし

「想像していた通りの理由でした。課長のところは、9歳の一番上の子を含む幼い子供が4人もいるので、仕事どころじゃないのでしょう。ウチは1人でも大変ですから。ただ、自主的な出社が認められているならともかく、出社禁止と言われている以上、守らなきゃいけません。ましてや部署を束ねる立場にあるわけですから」

 ちなみに出社禁止を破った課長に対するペナルティは特になし。鈴木さんは、この会社の姿勢にも疑問を感じるといいます。

「課長が憎くて言っているわけじゃないですが、そもそもコロナの感染予防策としての出社禁止だったわけです。破ってもお咎めなしじゃ今後再び出社禁止になっても平気で破る人が出てきそうで。会社としての“コロナリテラシー”が低いと社員の意識も低くなりますし、それこそ職場クラスターが起きかねない。そこはちゃんとしてほしいなって思いますけどね」

 コロナ禍で社員に出社禁止を指示した会社は多く、第二波が襲来した際に同様の措置を取る会社はさらに増えるでしょう。そうした中で無断出社の懲戒対象の新たなルールとなるのかもしれませんね。

特集 やらかしリモート事件簿

<取材・文/トシタカマサ イラスト/田山佳澄>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング