ユニクロ・2020年のヒートテック、下着でなくシャツになる2枚をプロがレビュー

bizSPA!フレッシュ / 2020年11月22日 8時46分

写真

ヒートテックウルトラウォームクルーネックT(筆写近影)

 2003年から改良を繰り返し、17年目を迎えたヒートテック。毎年その進化から目が離せません。今年は手袋やマフラー、毛布などのグッズも含めると112種類のラインナップが登場しています。

ヒートテック

 なかでも私が真っ先に注目したのは、メンズの「ユニクロUのヒートテックコットンクルーネックT(長袖)」と「ヒートテックウルトラウォームクルーネックT(長袖・超極暖)」です。

 共通点は「下着ではなく、1枚で着ることを想定したヒートテック」ということです。男性のコーディネートに大きな影響を与える可能性があるため、今回はこの2アイテムに着目しました。

 のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者が「2020年モデルのおすすめヒートテック」についてお伝えします。

◆下着感はゼロだがアウターに注意

ヒートテック

ユニクロUのヒートテックコットンクルーネックT(筆者近影)

「ユニクロU」はクリストフ・ルメール氏率いるデザインチームがパリから発信するラインナップです。この夏、ユニクロUのエアリズムTシャツをヘビロテした私としては、ヒートテックの登場にもおのずとテンションが上がりました。

インナー見えせず、普通のTシャツとして使えるヒートテック」とオンラインショップに記載されている通り、通常左下に配置されるヒートテックタグがなく、下着感はゼロ。

 ただこの「ヒートテックコットンクルーネックT」は生地が比較的薄手のため、羽織るアウターを選ぶので、着こなしには注意する必要が。「ヒートテック=真冬もOK」というイメージが先行しがちなので、ダウンジャケットや真冬コートを羽織る想定をしている人も少なくないはず。

 しかし、この商品はジャケットやブルゾンなど、秋のアウターに合わせるカットソーという位置づけです。そのため、生地が薄いインナーとして着てしまい、地厚なアウターと合わせると、体つきが貧相に見えてしまいます。

 このヒートテックは、インナーではなく、カットソーとして着こなすことを勧めます。薄手アウターに合わせる保温機能カットソーとして着こなすことで最高のパフォーマンスを発揮するはずです。

◆1枚で着ることを想定した「超極暖」

ヒートテック

ヒートテックウルトラウォームクルーネックT(筆写近影)

 一般的なヒートテックの約2.25倍暖かいと言われる「超極暖」。そのカラクリはポリエステル糸を細くすることで、暖かさはそのままに生地を薄くできたそうです。2020年に発売された超極暖の新作「ヒートテックウルトラウォームクルーネックT(長袖・超極暖)」は、シルエットを見直し、1枚のカットソーとしても着用可能にアップデートされています

 確かに通常左下に配置されるヒートテックタグは見当たりません。実はこれがカットソー代わりに着るために欠かせない必須条件なのです。また、先ほど紹介した「ヒートテックコットンクルーネックT」に比べ、生地に厚みがある超極暖だからこそ、真冬のダウンジャケット用インナーとしてヘビロテできるかなと思います。

 懸念点は、生地の表情がポロシャツの「鹿の子編み」を連想させるため、好みが分かれるところはあります。が、さほど問題はないはずです。たとえば、全5色あるうちの「ダークグリーン色」を選べば、ミリタリー風のやんちゃでこなれた雰囲気に仕上がりそうです!

 これまでの下着という位置づけからカットソー代わりに着られるようになったユニクロのヒートテック。インナーの厚みによって合わせるアウターの種類が変わりますので、その点を意識しながらコーディネートを考えましょう。

<TEXT/服のコンサルタント 森井良行>

【森井良行】

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4600人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が発売中。YouTubeは「モテるファッションちゃんねる

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング